ここから本文です

現在位置:Yahoo!ヘルスケア>家庭の医学>症状から探す

症状から病気を探す

頭痛や腹痛、関節痛など体の痛み、発熱や吐き気、めまいなど、時として私たちの体には不調が現れます。これらの症状には、疲れやストレスによるものなど、休息を取ることで解決するものもありますが、病気が原因となっている場合もあります。ここでは症状から疑われる病気を探すことができます。また、病気についての概要や、原因、治療について詳しい情報も掲載しています。体が発するサインを軽視せず、気になる症状があれば早めに病院を受診しましょう。

症状でよく検索されているワード

症状から病気を探す

頭痛(頭が痛い)
胸の痛み
腹痛(腹が痛い)
腰痛(腰が痛い)
関節痛(関節が痛い)
発熱
動悸
めまい
息切れ、息苦しい
しびれ(痺れ)、ふるえ(震え)
麻痺
吐き気・嘔吐
吐血・喀血
下痢
便秘
便(大便)の異常
尿・排尿の異常
腫れ(はれ)
むくみ
太る
痩せる(痩せてきた)
発疹(湿疹、丘疹ほか)
かゆい(かゆみがある)
目の異常(視力、視界の異常、痛み、充血ほか)
耳の異常
鼻と喉(のど)の異常
子供の発熱
子供の咳
子供の腹痛
子供の嘔吐
子供の下痢・便秘
子供の尿・排尿の異常
子供の目・耳・鼻の異常
子供の皮膚の異常
子供の感染症
月経(生理)の異常
女性の不正出血(不正性器出血)
女性のおりもの
女性の下腹部痛(生理痛)

症状とは何か

症状は異常を知らせる赤信号

私たちは健康であれば、食欲があり、運動しても適度の疲れのあとに爽快感があり、夜はぐっすり眠ることができて、自分の体や心の状態に特別注意を向けることもないのが普通です。

ところが、何らかの原因によって心身の状態やはたらきに異常が起こったり、バランスがくずれたりすると、心身にさまざまな不調が現れてきます。これを症状といいます。症状は、体や心の異常を知らせる赤信号といえます。


出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

本文はここまでです このページの先頭へ