ここから本文です

現在位置:

頭がとても痛い

【1】いちばん楽な姿勢をとらせ、衣服をゆるめる。

・頭を動かさないようにして安静を保つ

・冷たいタオル、氷嚢(ひょうのう)蓄冷剤(ちくれいざい)などで頭を冷やす

・口のなかに何か入っていたら出させる

・励まして落ち着かせ、安心させる

・寒がるなら毛布などをかけ、暑がらない程度に保温する

・飲み物や食べ物は与えない

【2】医師に連絡し、指示をあおぐ。

【3】状態をよく観察する。

・秒単位で発症した(発症した時間が「○時○分○秒だった」といえるほど急激に発症した)頭痛

・今まで経験したことのない強い頭痛

・意識がおかしい

・吐き気・嘔吐がある

・麻痺

・けいれん

・呼吸の乱れ

・目の痛み、視界のぼやけ

・行動異常

・歩行障害

・失禁

など、ひとつでもあれば、すぐに119番に通報する

・吐いた物が見えたら横向きに寝かせ、反応のある傷病者の場合では吐き出すように指示する。特別な異物の除去は行わない

【4】意識がない、または非常に反応が鈍くなってきたら、心肺蘇生法を救急車が来るまで続ける。


執筆者(敬称略):上野 幸廣

  • 「六訂版 家庭医学大全科」の図表の著作権は、株式会社法研に帰属します。画像のダウンロードおよび無断転載等は、ご遠慮ください。画像の使用に関しては、「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ