ここから本文です

現在位置:

救急車の呼び方

①局番なしの119へ電話します。

②「火事ですか、救急ですか」と聞かれます。はっきりと「救急」と告げます。

③いつ、どこで、誰(何人、老若子どもなど)が、どうしたか、どんな状態なのかをはっきりと簡潔に伝えます。

④名前、住所、電話番号を正確に知らせます。近所の目標物も伝えます。

⑤救急車が来るまでの手当の方法をたずねます。

⑥サイレンが聞こえたら誘導に出ます。夜なら懐中電灯で救急車を誘導します。家族がいなければ近所の人に頼みます。

⑦救急車が着いたら、救急隊員に状況をくわしく伝えます。

 ・どんな容体か(通報後の変化も)

 ・傷病者にほどこした手当

 ・持病があれば病名、かかりつけの医院および医師の名前

⑧前後の事情のわかった人が救急車に同乗して行きます。

 ・保険証、財布、簡単な着がえなどを用意。留守中の戸締まりに留意する

 ・血を吐いたり、吐瀉物があれば一部でもビニール袋に入れて持参する

※携帯電話からの通報の場合は、

 ・最初に携帯電話であることを告げる

 ・途中で電話が切れてしまわないように、立ち止まって話す

 ・現場の地名や番地がわからない場合は、近くの人に聞くか、建物や看板などで確かめて通報する

 ・通話終了後、消防署からの問い合わせの電話があることもあるので、10分程度は電源を切らない

 などの注意が必要です。


執筆者(敬称略):上野 幸廣

  • 「六訂版 家庭医学大全科」の図表の著作権は、株式会社法研に帰属します。画像のダウンロードおよび無断転載等は、ご遠慮ください。画像の使用に関しては、「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ