ここから本文です

現在位置:

眼に異物が入った

絶対に眼をこすらず、無理して取らないこと。何が入ったかどんな状態かを調べます。とくに、瞳孔(黒眼)の変形があるときは重症です。

・金属などの破片が入った

・眼球に刺さっている

・黒眼に細かいゴミが付着している

などの場合は、眼にはできるかぎり触れないようにして、ガーゼでおおってすぐに眼科へ。

●薬品や洗剤などの化学製品が入った

【1】薬品を薄めるという気持ちで、すぐに30分間ほど流水で洗い続ける。

・水道またはホース、やかんなどで、少しずつ水を流して静かに洗い流す

・異物の入ったほうの眼を下にし、もう一方に入らないように

・まぶたをひっくり返して、まぶたの裏側もしっかり洗う

【2】十分に洗い流したあとは、眼に入った 製品の説明書を持ち、ガーゼでおおってすぐに眼科へ。

●ゴミや虫が眼に入った

【1】絶対に眼をこすらずに、数回まばたきして涙で異物を流す。流水でもよい。

【2】ある程度試しても取れない時は無理をせず、ガーゼでおおって眼科へ。


執筆者(敬称略):上野 幸廣

  • 「六訂版 家庭医学大全科」の図表の著作権は、株式会社法研に帰属します。画像のダウンロードおよび無断転載等は、ご遠慮ください。画像の使用に関しては、「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

キーワードで探す

スマートフォン版Yahoo!ヘルスケア
病院情報のQRコードおでかけ先でも「病院情報」や「家庭の医学」で病気を調べることができます。
本文はここまでです このページの先頭へ