ここから本文です

現在位置:

救命・応急手当の基礎知識

救命・応急手当の基礎知識

 救命手当は、ふだんからその手技・内容をよく理解しておくことが必要ですが、本を読んでさえいれば、ただちに行えるというものでもありません。近年、各地で行われている医師会や救急隊員などによる救命手当の講習会にはぜひ参加して、さらに理解を深めておきたいものです。この項は、その際の予習・復習の参考にしてください。

  • 心肺蘇生法は、だれかが突然、呼吸停止、心停止、あるいはそれに近い状態になった時、その機能を回復させ生命を維持しようとする方法です。心肺蘇生法の基本的な手順は、①意識の有無の観察 ②気道の確保 ③正常な...

  • バイスタンダーの救命手当のもうひとつの柱が「止血法」で、主に外傷による外出血がある場合に行う手技です。外傷などで体内の血液を急速に大量に失うと全身の血液の循環が悪くなって、「出血性ショック」という重篤な...

  • 従来の心肺蘇生法は、「気道の確保」→「人工呼吸」→「胸骨圧迫」→「AED」という流れで行われていました。しかし、最近の研究で、人工呼吸を行った場合と行わなかった場合を比較すると、どちらでも救命率に差が...

  • ①局番なしの119へ電話します。 ②「火事ですか、救急ですか」と聞かれます。はっきりと「救急」と告げます。 ③いつ、どこで、誰(何人、老若子どもなど)が、どうしたか、どんな状態なのかをはっきりと簡潔に...



出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

キーワードで探す

スマートフォン版Yahoo!ヘルスケア
病院情報のQRコードおでかけ先でも「病院情報」や「家庭の医学」で病気を調べることができます。
本文はここまでです このページの先頭へ