ここから本文です

現在位置:

キーワード検索結果

病気を調べる

「腰痛」で検索した結果

39
  •  下肢痛などの神経症状を伴わない腰痛のうち、とくに原因となる器質的病変が認めないものです。 一般的に「ぎっくり腰」と呼ばれる急性腰痛症と、痛みは軽いものの強くなったり楽になったりを繰り返す「慢性腰痛症 …

    詳細はこちら

  • 運動器の症状

     高齢になると背中や腰が痛くなるのはめずらしいことではありません。また、たくさん歩いた、力仕事をした、買い物で重い荷物を持って長時間歩いた、中腰で庭仕事をしたといったことのあとに、数日間、背中や腰の痛 …

    詳細はこちら

  •  変形性腰椎症は、腰椎の加齢変化により腰痛が起こる疾患です。通常は椎間板の加齢変化を基盤として、椎間関節や靭帯組織などにも、変性と呼ばれる変化を来し、その結果、筋肉組織を含め腰部の疼痛やだるさなどの局 …

    詳細はこちら

  • 環境因子による病気

     長すぎる労働時間や、身体局所への過大な負荷などの作業要因によって起こる、職業性の疾患をいいます。労働基準法施行規則では、体に過度の負担のかかる作業態様に起因する職業性疾病として、次の疾患をあげていま …

    詳細はこちら

  •  腰椎の椎間板のついている前方部分は椎体、後方の椎間関節のついている部分は椎弓と呼ばれます。椎体と椎弓の間には椎弓根があります。椎弓の部分で骨の連続性が断たれてしまい、椎体と椎弓が離れてしまった状態を …

    詳細はこちら

  • 腎・泌尿器疾患

     前立腺は膀胱の出口に位置しています(過活動膀胱となり、頻尿(とくに夜間頻尿)となります。 一方、加齢により遺伝子の変化などが原因となって前立腺がんが発症します。年齢とともに発症頻度が高くなります。が …

    詳細はこちら

  •  腰椎は5個の椎骨からなり、上半身を支える脊柱のなかでも最も大きな荷重を受けもちます。同時に可動性も大きいため、椎間板の障害を起こしやすい部位です。椎間板ヘルニアは椎間板・線維輪に亀裂が入って、内部の …

    詳細はこちら

  •  思春期に発生する脊椎(背骨)の障害です。円背(背中が丸くなる変形)を起こし、姿勢の異常や背部や腰部の疼痛の原因になります。1920年、ショイエルマンが報告して以来、この名前で呼ばれています。欧米では …

    詳細はこちら

  • 肺の病気結核

     ここでは、肺以外に発症する結核のうち、主なものについて解説します(肺結核を参照してください。

    詳細はこちら

  • 泌尿器と性器の病気

     図24の左のように、通常、処女膜は腟を完全にふさいでいるわけではなく、腟口部を取り囲むヒダ状のもので中央部は開いています。ところが、なかには処女膜が完全にふさがっているケースがあります(図24の右側 …

    詳細はこちら


39件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ