ここから本文です

現在位置:

キーワード検索結果

病気を調べる

「肩こり」で検索した結果

18
  •  後頭部から肩、および肩甲部にかけての筋肉の緊張を中心とする不快感、違和感、鈍痛などの症状を伴う病気です。厚生労働省の国民生活基礎調査(2008年)によると、男性の1000人に58人、女性の1000人 …

    詳細はこちら

  •  変形性頸椎症は、主に頸椎の加齢変化を原因として頸部痛や肩こり、背部痛などの局所症状を起こす病気です。 頸椎は7個の椎骨から構成されていて、椎骨同士は椎間板と椎間関節で連結されています。椎間板は年齢と …

    詳細はこちら

  • 頭頸部の症状

     「肩がこる」とは、肩筋肉の固縮(筋が硬く、緊張した状態)をいいます。頭痛、あごや首の違和感、筋の痛みが肩こりに伴うこともあります。 強い緊張でなくても、特定の筋が静的に緊張することが長くなれば、過度 …

    詳細はこちら

  •  朝、眼がさめた時に頸部(首)の疼痛、とくに運動時の痛みを感じることがあります。このような状態をいわゆる「寝違え」と呼びます。 ただし、寝違えという医学用語はなく、頸部周囲の靭帯や筋肉の急性炎症による …

    詳細はこちら

  •  頸椎は7個の椎骨で構成されていますが、第1頸椎は環椎、第2頸椎は軸椎と呼ばれ、第3頸椎以下とはまったく異なる形状をしており、椎間板が存在するのは第2頸椎以下です。 椎間板は椎骨間で衝撃を吸収してクッ …

    詳細はこちら

  •  ヒトの脊椎は、2足歩行開始に伴い重力の垂直負荷という環境の元に進化してきました。その主な機能は、「脊柱」と呼ばれるように体の柱として機能する「支持性」、さまざまな姿勢と運動を可能にする「可動性」、そ …

    詳細はこちら

  • 他に分類されない眼の異常

     読書などのように眼を持続的に使うと、眼の疲労感、眼の重圧感だけでなく、全身にも疲労、頭痛、肩こり、吐き気などが起こることがありますが、これを一般的に眼精疲労といいます。 眼精疲労の原因は、実にさまざ …

    詳細はこちら

  • 骨・運動器疾患

    (1)変形性頸椎症 成人の頭は5~7kgと重く、これに加えて両側の上肢の重さも頸椎にかかり、頸椎は寝ている時以外はかなり大きな負担を強いられることになります。変形性頸椎症はこうした負担に耐えている頸椎 …

    詳細はこちら

  • 血圧の病気

     安静時(座位)に収縮期血圧が100mmHg未満を示し、低血圧の原因が明らかでない時に本態性低血圧症といいます。日本では1.5~7%の人にみられ、そのうち自覚症状を訴える人は約10~20%といわれてい …

    詳細はこちら

  • 脊髄・末梢神経・筋の病気

     頸椎の椎体骨の骨棘(とげ状の突起)形成、椎間板(椎体と椎体の間にあってクッションの役割をしている)の後方突出、靭帯の石灰化、骨化などによって、脊髄から出て肩や腕に行く神経(神経根)または脊髄自身が圧 …

    詳細はこちら


18件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ