ここから本文です

現在位置:

関連項目

慢性疲労症候群まんせいひろうしょうこうぐん

 慢性疲労症候群は1980年代後半、米国のある地域で多発したことから注目されたもので、それまでさまざまな病名で呼ばれていたものを、この病気の中心症状である慢性疲労を病名として用いたものです。

 慢性疲労症候群は激しい全身倦怠感けんたいかん・疲労感が比較的急激に起こり、その他に多彩な症状を伴う原因不明の病気です。人口のおよそ0・3%にみられ、20~50代に発病します。かぜのような感染症が引き金となりますが、原因は不明です。

 この病気では、発病前の活動が半分以下にも低下する激しい全身倦怠感・疲労感が急激に起こり、微熱、のどの痛み、関節や筋肉の痛み、こわばった感じやリンパ節のはれ、頭痛や落ち込んだ気分などがみられます。

 検査では、膠原病こうげんびょうの診断に有用な抗核抗体がしばしば陽性となるほかには、一般的な検査では明らかな異常はみられません。したがって、この病気の診断には血液検査やX線検査からでなく、症状の内容、程度と診察結果から診断の手引きに照らし合わせて行われるため、しばしば診断が困難となります。

 治療は根治的なものはなく、基礎療法として大量のビタミンCやB12、漢方薬や抗うつ薬も用いられることもあります。また、認知行動療法などが行われることがありますが、難治性の経過をとることがしばしばです。

 しかし、この病気によって死亡することはありません。線維筋痛症せんいきんつうしょうと類似の病気であり、両方の病気がお互いに合併することが3分の1にあります。


執筆者(敬称略):松本美富士

  • :画像ページに移動します

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

本文はここまでです このページの先頭へ