ここから本文です

現在位置:

呼吸器の病気

すべて

69
  • 肺の病気循環障害

     肺性心とは、肺の病気が原因で肺での血液の流れが悪くなり、肺へ血液を送り出している右心室に負担がかかって、右心室が大きくなったり(右室拡大)、右心室のはたらきが悪く(右心不全)なった状態です。もともと …

    詳細はこちら

  • 肺の病気循環障害

     心臓から肺へ血液を運ぶ血管である肺動脈に、塞栓子(血液の塊、脂肪の塊、空気、腫瘍細胞など)が詰まり、肺動脈の流れが悪くなったり閉塞してしまう病気を広く肺塞栓症といいます。このなかで血液の塊(血栓)が …

    詳細はこちら

  • 肺の病気循環障害

     肺高血圧症は、心臓から肺へ血液を送る血管である肺動脈の血圧が高くなる病気です。ほとんどが心臓や肺の病気によって起こりますが、原因不明で、心臓も肺自体も悪くないのに肺高血圧症になることがあり、これを原 …

    詳細はこちら

  • 肺の病気循環障害

     肺水腫とは、血液の液体成分が血管の外へ滲み出した状態をいいます。肺内で液体成分がたまるため肺のガス交換が障害されて、低酸素血症となり、呼吸困難が現れます。 原因は大きく分けて2つあります。肺の毛細血 …

    詳細はこちら

  • 肺の病気その他

     肺胞腔(空気を入れる袋状のところ)に脂質に富んだ蛋白様物質が充満してくる病気です。正常な肺胞の表面には表面活性物質(肺サーファクタント)があり、その結果、肺胞という袋に表面張力が作用して、肺胞がつぶ …

    詳細はこちら

  • 肺の病気その他

     主に細気管支の周囲にランゲルハンス細胞と好酸球が浸潤し、増殖巣を形成する疾患です。名称と異なり明らかな肉芽腫の形成にはならず、浸潤してくる細胞は皮膚の表皮にあるランゲルハンス細胞のような特徴があるの …

    詳細はこちら

  • 肺の病気その他

     妊娠可能な年齢の女性にのみみられます。肺に壁が薄い「嚢胞」が多発し、進行して閉塞性換気障害のために呼吸不全になります。10年生存率は70~80%程度です。女性にみられる自然気胸(肺に孔があき、空気が …

    詳細はこちら

  • 肺の病気その他

     1919年、インフルエンザ罹患後に肺出血と急速に進行する腎不全で死亡した18歳男子の症例報告が最初のものです。日本では現在まで約50例の報告がなされているにとどまります。 肺胞壁の基底膜と、腎の糸球 …

    詳細はこちら

  • 肺の病気その他

     肺胞腔(空気を入れる袋状のところ)内に出血を繰り返す病気で、血痰や喀血が認められます。前述のグッドパスチャー症候群や全身血管炎症候群との区別が問題になりますが、本疾患では腎障害はなく、血管炎もありま …

    詳細はこちら

  • 肺の病気その他

     アミロイドと呼ばれる特殊な蛋白が、全身のさまざまな臓器に沈着してくる病態です。病気が全身に起こることはオーシスといわれるので、アミロイドーシスといいます。 疾患の分類は、(1)アミロイドの沈着が全身 …

    詳細はこちら


69件中41~50件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ