ここから本文です

現在位置:

肺の病気結核

肺の病気結核

5
  • 肺の病気結核

     結核はあらゆる臓器に感染して障害を与える全身の疾患です。代表的なものは肺結核です。それは、活動性肺結核の患者さんが咳をした際、しぶきとなって排出された結核菌が空気中に漂い、その空気を身近な人が吸うこ …

    詳細はこちら

  • 肺の病気結核

     結核菌が肺胞マクロファージ細胞のなかで増殖を続けて感染病巣がつくられます。これを初感染病巣といいますが、生きた結核菌をもったまま肺胞マクロファージがリンパ液の流れに乗って肺門リンパ節に移行すると、そ …

    詳細はこちら

  • 肺の病気結核

     結核菌が血管に侵入して血液に乗って運ばれ、少なくとも2臓器以上に活動性の病巣が成立した病態です。肺野の広い範囲にわたって1~3mm大の粒状の陰影(粟の種に似ているので、粟粒結核という)が無数見えます …

    詳細はこちら

  • 肺の病気結核

     ここでは、肺以外に発症する結核のうち、主なものについて解説します(肺結核を参照してください。

    詳細はこちら

  • 肺の病気結核

     結核の原因である結核菌の仲間を、抗酸菌といいます。結核菌以外の抗酸菌で引き起こされる病気が非結核性抗酸菌症です。かつては結核菌によるものを定型的と考えていたので、非定型抗酸菌症ともいわれていました。 …

    詳細はこちら


5件中1~5件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ