ここから本文です

現在位置:

血管の病気動脈の病気

血管の病気動脈の病気

11
  • 血管の病気動脈の病気

     体のすみずみまで酸素や栄養素を運ぶ重要な役割を果たしているのが動脈です。この動脈が年齢とともに老化し、弾力性が失われて硬くなったり、動脈内にさまざまな物質が沈着して血管が狭くなり、血液の流れが滞る状 …

    詳細はこちら

  • 血管の病気動脈の病気

     大動脈およびその主要な分枝に生じる原因不明の血管炎で、炎症の結果、血管の狭窄、閉塞、拡張を来し、血流障害が生じます。手首の動脈の脈が触れないことがよくあり、脈なし病とも呼ばれています。また、最初の報 …

    詳細はこちら

  • 血管の病気動脈の病気

     大動脈瘤は、胸部大動脈あるいは腹部大動脈の径が拡大し、こぶ状になってきたものです。多くの大動脈瘤は、徐々に径の拡大が進行するために、初めはほとんど症状がありません。とくに、胸部大動脈は胸のなかにある …

    詳細はこちら

  • 血管の病気動脈の病気

     大動脈の壁に亀裂(エントリーと呼ぶ)が入り、壁が内膜と外膜とに分離されてしまう病気を大動脈解離といいます。突然に発症することが多く、その場合は急性大動脈解離と呼ばれ、急性心筋梗塞とならんで、すぐに対 …

    詳細はこちら

  • 血管の病気動脈の病気

     動脈が急性に詰まってしまう病気を急性動脈閉塞と呼びます。 突然手足に痛みが生じて、手足の先が冷たくなってしびれがある場合には、手足へ行く動脈が詰まった可能性があります。首や脳へ行く血管が詰まると脳梗 …

    詳細はこちら

  • 血管の病気動脈の病気

     四肢(主として下肢)の末梢動脈の内膜の炎症により動脈の閉塞を来し、血流障害が生じる病気で、閉塞性血栓血管炎とも呼ばれます。最初の報告者の名前からバージャー病(英語読み)、あるいはビュルガー病(ドイツ …

    詳細はこちら

  • 血管の病気動脈の病気

     動脈硬化が原因で、四肢(主に下肢)の血流障害を来すものを閉塞性動脈硬化症といいます。主に50~60歳以降の男性に発症します。 閉塞性動脈硬化症のある人は、下肢の動脈だけでなく、全身の血管にも動脈硬化 …

    詳細はこちら

  • 血管の病気動脈の病気

     下肢の静脈にできた血栓(深部静脈血栓)が、静脈壁からはがれて血流で運ばれ、肺動脈をふさぐ病気です。血液は肺を通過しにくくなり、右心室は急速に拡張します。そのため血液が左心室に入らなくなり、心臓から全 …

    詳細はこちら

  • 血管の病気動脈の病気

     体を構成する細胞と細胞や、組織と組織をつなぐ結合組織に、異常を来す遺伝性の疾患です。主に骨格系、眼、心臓血管系に病変が認められ、特徴ある体型を示しています。 生命に関わるのは大動脈の病変です。血管壁 …

    詳細はこちら

  • 血管の病気動脈の病気

     動脈は生活環境の変化に応じて、拡張や収縮を繰り返しています。動脈の収縮が過剰に起こると、発作的に手足の指先の血流が減少し、冷感を感じたり皮膚の色調に変化が生じます。これをレイノー現象といいます。その …

    詳細はこちら


11件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

スマートフォン版Yahoo!ヘルスケア
病院情報のQRコードおでかけ先でも「病院情報」や「家庭の医学」で病気を調べることができます。
本文はここまでです このページの先頭へ