ここから本文です

現在位置:

冠動脈の病気

冠動脈の病気

5
  • 冠動脈の病気

     心臓は、その大部分が心筋という特殊な筋肉でできた臓器で、一般の成人で握りこぶし大(重量約300g)の大きさをしています。心筋が収縮、拡張を繰り返すことにより1分間に約5lもの血液を全身に送り出す、い …

    詳細はこちら

  • 冠動脈の病気

     狭心症は発作的に、胸の痛みや圧迫感などの症状を起こす病気です。 発作の起こり方、原因などにより分類されます。一般的には、「労作(性)狭心症」か「安静狭心症」、「器質型(血管の強い狭窄によって起こる) …

    詳細はこちら

  • 冠動脈の病気

     狭心症や心筋梗塞は、発作的に、胸の痛みなどの症状を起こす病気です。しかし、心筋梗塞のなかに症状を伴わないものがあることは古くから知られています。安定型の狭心症でも心筋の血流不足(虚血)の75%は無症 …

    詳細はこちら

  • 冠動脈の病気

     狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患は、心臓を養う冠動脈の動脈硬化により血管の内腔が狭くなり、血液の流れが制限されて生じます。冠動脈が閉塞すると約40分後から心内膜側の心筋は壊死に陥ります。これが心筋 …

    詳細はこちら

  • 冠動脈の病気

     川崎病(〔急性熱性〕皮膚粘膜リンパ節症候群)は4歳以下の乳幼児に好発する原因不明の熱性発疹性疾患で、全身の中小動脈を侵す系統的血管炎と考えられています。 合併症には無菌性髄膜炎、消化器症状などがあり …

    詳細はこちら


5件中1~5件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ