ここから本文です

現在位置:

生活習慣病の基礎知識

病気を調べる

生活習慣病の基礎知識

すべて

21
  • 生活習慣病とは

     健康を左右する要因には、遺伝、年齢(加齢変化)、性別など自分で変えることができない遺伝的要因と、細菌・ウイルスなどの病原体が体内に入る外部環境要因、食生活・運動などの生活習慣要因に大別されます(図1 …

    詳細はこちら

  • 生活習慣病とは

     かぜ(症候群)は、かぜウイルスが鼻やのどに繁殖すると、1~2日のうちにのどの痛み、鼻水などの症状が出るため、医療機関に行って、治療を強く希望することが多いでしょう。ですから、薬の飲み忘れもあまりあり …

    詳細はこちら

  • 生活習慣病とは

     不健康な生活習慣を続けた場合、次の5つの段階を踏んでいくことになります(図2)。(1)不健康な生活習慣の継続 食生活の乱れ(過食、塩分過剰、脂肪過剰、カルシウム不足など)、運動不足、休養不足、過度の …

    詳細はこちら

  • 生活習慣病とは

     2010年を目指した健康づくり運動として、21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)が2000年度から開始されました。 健康日本21の基本理念は、「すべての国民が健康で明るく元気に生活できる …

    詳細はこちら

  • 生活習慣病とは

     主要死因別にみた死亡率の年次推移を結核による死亡が大きく減少して、日本の死因構造の中心は感染症から生活習慣病に大きく変化しました。 昭和40年代以降は、脳血管疾患は高血圧対策が効を奏して、着実に減少 …

    詳細はこちら

  • 生活習慣病の危険因子

     高血圧、糖尿病、脂質異常症、動脈硬化などの病気は、日常生活の積み重ねが発症に影響することから、生活習慣病と呼ばれています。日常生活で最も強い影響を与えるのが、毎日の食事です。 食生活は戦後大きく変化 …

    詳細はこちら

  • 生活習慣病の危険因子

     近年、24時間社会の拡大により、国民の睡眠を取り巻く環境は大きく変化しました。しかし、ヒトは日中に活動し、夜に眠るのが本来の生物学的な姿です。 睡眠は、生活習慣の一部であるとともに、神経系、免疫系、 …

    詳細はこちら

  • 生活習慣病の危険因子

     運動が直接の原因で発生する障害としては、捻挫、打撲、骨折など整形外科的分野が多いのですが、不整脈、貧血など内科に関係する疾患の発生も少なくありません(表7)。そして高齢者になるほど、その頻度は増加し …

    詳細はこちら

  • 生活習慣病の危険因子

     ストレスとは、本来は物理学でスプリングのなかに生じるひずみを表現する用語ですが、それが生命に生じたひずみの状態を表現する言葉として使われるようになりました。ハンス・セリエ氏が1935年に用いたのが最 …

    詳細はこちら

  • 生活習慣病の危険因子

     たばこの煙は、喫煙者の肺内に吸い込まれる主流煙と、火のついたたばこの先から立ちのぼる副流煙があります。喫煙者から吐き出される煙を呼出煙といい、副流煙と混じり合ったものを、「環境たばこ煙」と呼んでいま …

    詳細はこちら


21件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

スマートフォン版Yahoo!ヘルスケア
病院情報のQRコードおでかけ先でも「病院情報」や「家庭の医学」で病気を調べることができます。
本文はここまでです このページの先頭へ