ここから本文です

現在位置:

器質性精神障害

器質性精神障害

6
  • 器質性精神障害

     脳そのものの器質的病変により、または脳以外の身体疾患のために、脳が二次的に障害を受けて何らかの精神障害を起こすことがあります。これを器質性精神障害といいます。身体疾患に基づく精神障害を症状性精神障害 …

    詳細はこちら

  • 器質性精神障害

     脳以外の体の病気があり、その影響で脳に障害が起こり、精神症状が現れるものを症状性精神障害ということがあります。主な症状は意識障害で、原則的には可逆的な経過(元にもどることがある)をたどります。 これ …

    詳細はこちら

  • 器質性精神障害

     「入院したら母が急におかしなことをいうようになり、日にちもわからなくなった。環境が変わって認知症になったのかもしれない」というような経験のある人がいるかもしれません。 このような場合、実は「せん妄」 …

    詳細はこちら

  • 器質性精神障害

     認知症性疾患は、認知症を主な症状とするすべての病気の総称で、ひとつの病気を表しているわけではありません。次の項で述べるような、いろいろな病気がここに含まれます。 認知症とは、脳の後天的な障害のために …

    詳細はこちら

  • 器質性精神障害

     アルツハイマー病は、1906年にドイツのアルツハイマーによって初めて報告されました。最初の症例は51歳の女性で、嫉妬妄想と進行性の認知症を示し、大脳皮質に広範に特有な変性病変が見つかり、従来知られて …

    詳細はこちら

  • 器質性精神障害

     いろいろな手術のあとに、幻覚や妄想を中心とする精神病症状が起こることがあります。これを術後精神病といいます。手術は身体的のみならず精神的にも大きな影響を与えるので、精神的に不安定になり、ひどいと精神 …

    詳細はこちら


6件中1~6件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ