ここから本文です

現在位置:

>
骨盤・会陰部の損傷

骨盤・会陰部の損傷

6
  • 骨盤・会陰部の損傷

     骨盤は左右の恥骨、坐骨、腸骨と仙骨で構成されており、後方は仙腸関節、前方は恥骨結合で融合されています。 骨盤輪のなかにはS状結腸、直腸、肛門、膀胱、尿道、女性の場合にはこれらに加えて、子宮、卵巣、卵 …

    詳細はこちら

  • 骨盤・会陰部の損傷

     膀胱の損傷は、交通事故、労働災害、スポーツ、手術時によって引き起こされます。 解剖からみると膀胱は恥骨後面の骨盤内に存在するため、通常は外力を受けにくい状態にあります。ただし、膀胱が尿で充満している …

    詳細はこちら

  • 骨盤・会陰部の損傷

     女性ではまれですが、男性では多く発生し、泌尿器外傷の約50%にみられるとされています。部位によって、前部尿道損傷(球部、振子部)、後部尿道損傷(膜様部)に分けられています。 このうち球部尿道損傷は騎 …

    詳細はこちら

  • 骨盤・会陰部の損傷

     異物が尿道から入る場合と、膀胱壁を通過して侵入する場合があります。 男性に多いといわれており、20代前後にピークがあります。女性では30歳前後に多く、いずれも性的活動期に相当します。 男性では自慰、 …

    詳細はこちら

  • 骨盤・会陰部の損傷

     予期しない外力によって陰茎海綿体白膜の断裂を生じた状態を指しますが、通常、勃起している時に起こりやすいとされています。性交渉中、自慰、睡眠、転倒時などがあげられます。 損傷時は、断裂音を伴ったり疼痛 …

    詳細はこちら

  • 骨盤・会陰部の損傷

     女性性器損傷の主な原因には、外陰部打撲と性交の2つがあげられます。 外陰部打撲は自転車転倒事故、鉄棒、スノーボードなどで外陰部を強打したために発生することが多く、大部分は外陰の血管が断裂して局所に出 …

    詳細はこちら


6件中1~6件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ