ここから本文です

現在位置:

外傷

すべて

126
  • 外傷の重症度

     外傷は、交通事故、労災事故、転落や転倒、スポーツ事故、自損事故、傷害事件など、さまざまな物理的外力により引き起こされます。 外傷を受けて体が傷つくことを「けが」と呼びますが、けがの程度は、受けた外力 …

    詳細はこちら

  • 外傷の重症度

     多発外傷は、一般には「生命を脅かす可能性のある大けがが、体の2部位以上に存在するもの」と定義されています。 多発外傷は、損傷を受けた臓器が相互に悪影響を及ぼし合い、元来の損傷による病態をより重症にす …

    詳細はこちら

  • 外傷患者の初期応急処置

     重症外傷の傷病者が発生すると、通常は救急隊員がすぐに現場に駆けつけますが、その時に傷病者を適切に観察、処置するための一定の概念・手順は、日本ではJPTECTMとしてまとめられ、普及活動が2003年か …

    詳細はこちら

  • 外傷患者の初期応急処置

     出血には動脈性出血、静脈性出血、毛細血管性出血がありますが、生命に危険を及ぼす大量出血は、主に動脈性出血です。動脈性出血の特徴は、真っ赤(鮮紅色)な血液が脈打つように噴出することです。 一方、静脈性 …

    詳細はこちら

  • よくみられる外傷

     皮膚は、表面から表皮・真皮・皮下組織(脂肪など)に大別され、その下に筋肉や骨などがあります。医学的には、物理的な皮膚の損傷が表皮・真皮内のものを「傷」といい、その下の皮下組織や筋肉などにまで達した傷 …

    詳細はこちら

  • よくみられる外傷

     すり傷のことを擦過傷といい、皮膚の表面を地面やコンクリートなどにこすりつけた際にできる傷を指します。 「傷」とは皮膚の表皮・真皮内にできたもので、その下の皮下組織や筋肉などまでには達していない状態で …

    詳細はこちら

  • よくみられる外傷

     刺創とは、汚染された包丁やナイフなど先端の鋭利な刃物や、アイスピック、錐、針、釘、鉛筆、箸などの器物が先端から刺入することによって生じる創です。「創」とは、皮膚の皮下組織や筋肉などにまで達した傷のこ …

    詳細はこちら

  • よくみられる外傷

     打撲とは、転倒やものに強くぶつかるなど体外からの力による、傷口を伴わない軟部組織の損傷をいいます。 主な損傷部位は皮下組織と筋肉であるため、全身のあらゆる部位に起こります。顔面・頭部、胸腹部、骨盤腔 …

    詳細はこちら

  • よくみられる外傷

     関節が不自然な外力により生理的な可動範囲を超えるような動きを強制された時に発生する、代表的な外傷が捻挫や脱臼です。このうち関節を構成している相互の骨と骨の間にずれのないものを捻挫といい、多少なりとも …

    詳細はこちら

  • よくみられる外傷

     いわゆる突き指とは、野球、バレーボール、バスケットボールなどの球技でボールを受けそこなった時や転倒して指を突いた時に発生する、指の関節周辺のけがの総称です。 この病名(俗称)はあくまでも総称ですので …

    詳細はこちら


126件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

スマートフォン版Yahoo!ヘルスケア
病院情報のQRコードおでかけ先でも「病院情報」や「家庭の医学」で病気を調べることができます。
本文はここまでです このページの先頭へ