ここから本文です

現在位置:

多因子遺伝性疾患

多因子遺伝性疾患

6
  • 多因子遺伝性疾患

     厚生労働省によると生活習慣病は、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」と定義されています。具体的には、高血圧、糖尿病、脂質異常症など、以前、成人病と呼ば …

    詳細はこちら

  • 多因子遺伝性疾患

     アレルギーとは本来、体の外から入ってきた細菌やウイルスを防いだり、体のなかにできたがん細胞を排除するのに不可欠な免疫反応が、花粉、ダニ、ほこり、食べ物などに対して過剰に起こることをいいます。過剰な免 …

    詳細はこちら

  • 多因子遺伝性疾患

     糖尿病には「1型糖尿病」と「2型糖尿病」があり、以前は1型をインスリン依存性糖尿病あるいは小児糖尿病、2型をインスリン非依存性糖尿病あるいは成人型糖尿病と呼んでいました。そのほかにミトコンドリア遺伝 …

    詳細はこちら

  • 多因子遺伝性疾患

     がんは遺伝子の異常によって起こりますが、大部分のがんは遺伝しません。ちょっと混乱するような言い方ですが、この文章は正しいのです。 遺伝性疾患という言葉は、遺伝子の異常によって起こる疾患を意味します。 …

    詳細はこちら

  • 多因子遺伝性疾患

     先天性心疾患は先天異常ですので、ここでは後天性心疾患について述べます。 後天性心疾患で最も多いのが、心臓の筋肉に血液を供給している冠動脈に起こる冠動脈疾患です。この疾患は、何らかの原因で冠動脈に狭窄 …

    詳細はこちら

  • 多因子遺伝性疾患

     高血圧の診断は、原因を問わず、血圧が基準よりも高いことに基づいています。1999年2月、世界保健機関(WHO)と国際高血圧学会により、新しい高血圧の基準が発表されました。これによると収縮期血圧140 …

    詳細はこちら


6件中1~6件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ