ここから本文です

月経の異常

11
  •  性成熟期を迎えた女性で、月経が来ない状態を無月経といいます。これには、生まれてから一度も月経のない原発性無月経と、一度は月経が来たものの無月経の状態に陥った続発性無月経とがあり、原因は異なります。  …

    詳細はこちら

  •  月経周期とは、ある月経の開始日から次の月経の開始日の間隔のことです。月経周期が25日~38日で、かつ1周期ごとの変動が6日以内の場合が正常周期と定義されています。周期が24日以内の月経を頻発月経、3 …

    詳細はこちら

  •  月経血量が異常に多い状態を過多月経、異常に少ない状態を過少月経といいますが、量についての明確な客観的基準はありません。●過多月経 過多月経の原因は大別して、異常な病態(病気)があって過多月経となって …

    詳細はこちら

  •  10歳未満で初経が起こるものを、早発月経といいます。また、早発月経、乳房発育が7歳未満から始まる、9歳未満で恥毛の発毛が始まる、のいずれかがみられる場合を、早発思春期といいます。 一方、15歳以上で …

    詳細はこちら

  •  機能性出血とは、器質的な異常がない子宮内膜からの出血で、月経以外のものをいいます。子宮筋腫や子宮がんなどの腫瘍性の病変、炎症、血液疾患などに伴う異常出血は含まれません。卵巣ステロイドホルモンの分泌異 …

    詳細はこちら

  •  月経困難症とは、いわゆる生理痛のことです。月経時に下腹部痛、腰痛などの疼痛を訴え、仕事や学業などの社会生活が困難になることもあります。器質的な異常を伴わない機能性月経困難症(原発性月経困難症)と器質 …

    詳細はこちら

  •  月経前3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経が始まるとともに減ったり消えたりするものをいいます。 原因にはさまざまな説がありますが、不明です。考えられている説として、卵巣ステロイドホルモ …

    詳細はこちら

  •  卵巣機能が早期に低下する病態で、早発卵巣不全と呼ばれることもあります。極端な場合は、早期に閉経となる場合があり、43歳未満で閉経になるものは早発閉経と呼ばれています。 一方、このような状態で卵巣が排 …

    詳細はこちら

  •  黄体とは、卵巣で卵胞が排卵したあとに変化してつくられる器官です。主にプロゲステロン(黄体ホルモン)を分泌し、受精卵の子宮内膜への着床や妊娠の維持に重要な役割を果たしています。 黄体機能不全とは、黄体 …

    詳細はこちら

  •  排卵月経周期がある女性で、卵胞期が短縮するために月経周期が短縮する状態です。頻繁に月経が来ることで気づきます。 月経周期には個人差があります。もともと短い周期の正常排卵周期の女性もいて、このような場 …

    詳細はこちら


11件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

スマートフォン版Yahoo!ヘルスケア
病院情報のQRコードおでかけ先でも「病院情報」や「家庭の医学」で病気を調べることができます。
本文はここまでです このページの先頭へ