ここから本文です

現在位置:

性器の形態異常と損傷

性器の形態異常と損傷

8
  • 性器の形態異常と損傷

     半陰陽とは、性腺と性器の性分化の間に矛盾のある個体のことをいいます。 性腺として卵巣と精巣の両方をもつものを真性半陰陽、また、性腺は卵巣で内性器も女性型に分化するけれども、外性器が男性型に分化するも …

    詳細はこちら

  • 性器の形態異常と損傷

     処女膜に開口部がなく閉鎖している場合をいいます。 腟は、胎児発生の過程で将来子宮・卵管に発育するミュラー管の末端部の細胞と、それに接する部分の尿生殖洞の細胞が同時に増殖して充実性の腟板を形成し、胎生 …

    詳細はこちら

  • 性器の形態異常と損傷

     鎖陰(腟閉鎖)は、前述の処女膜閉鎖に腟横隔膜、腟狭窄を加えた総称です。 胎児発生の過程で、充実性の腟板が空洞化して腟の管状構造が形成されますが、腟板の空洞化の過程で障害が生じ、腟管を横断する隔壁が残 …

    詳細はこちら

  • 性器の形態異常と損傷

     先天的に腟の一部または全部が欠損するもので、上部腟欠損、下部腟欠損、全腟欠損に分類されます。頻度は4000~5000人に1人とされ、そのうち95%は月経を起こしうる機能性子宮を持ちません。 全腟欠損 …

    詳細はこちら

  • 性器の形態異常と損傷

     腟中隔は、腟に縦方向の隔壁が残ったものであり、腟管の全長に及ぶ中隔では腟を2つもつ重複腟となります。 胎児発生において、子宮と腟の上部はミュラー管と呼ばれる左右2対の原器が中央で癒合して形成されます …

    詳細はこちら

  • 性器の形態異常と損傷

     霊長類では、子宮は胎児発生の過程で左右のミュラー管が癒合し、中隔が消退して、ひとつの子宮が形成されます。子宮の奇形は、主としてこのミュラー管の癒合不全、中隔消退不全、あるいは片側のミュラー管発育不全 …

    詳細はこちら

  • 性器の形態異常と損傷

     厳密な定義はありませんが、子宮の大きさが各年齢相当の正常子宮に比較して小さい場合を子宮発育不全症と呼びます。 原因としては、先天的な子宮低形成と卵巣機能不全に伴う後天的な発育不全に分かれます。 先天 …

    詳細はこちら

  • 性器の形態異常と損傷

     腟の入り口にある処女膜に生じる裂傷で、性交や分娩により起こります。 処女膜は性交渉の経験の無い女性ではこのヒダが腟口の一部を塞いでいますが、性交や分娩などの過進展により裂傷や破綻します。とくに暴力的 …

    詳細はこちら


8件中1~8件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

スマートフォン版Yahoo!ヘルスケア
病院情報のQRコードおでかけ先でも「病院情報」や「家庭の医学」で病気を調べることができます。
本文はここまでです このページの先頭へ