ここから本文です

骨盤の病気

2
  •  子宮内膜症は、子宮内膜あるいはそれと似た組織が子宮内腔以外の部位に発生し、女性ホルモン(エストロゲン)の刺激を受けて増殖する疾患です。 子宮内膜症の大部分は骨盤内に発生し、その病変部は月経時に、子宮 …

    詳細はこちら

  •  骨盤内には前に膀胱、後ろに直腸、その間に子宮・卵管があり、それらの表面は腹膜でおおわれています。この骨盤腹膜に起こった炎症が、骨盤腹膜炎です。 骨盤腹膜炎の多くは、前述の子宮頸管炎から子宮内膜炎、子 …

    詳細はこちら


2件中1~2件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ