ここから本文です

現在位置:

いろいろなアレルギー

病気を調べる

アレルギー疾患

小分類で絞り込む

いろいろなアレルギー

16
  • いろいろなアレルギー

     食べ物を経口摂取した時に、その食べ物に対するアレルギー反応により生じます。多くは食べ物を摂取して数分から1時間以内にじんま疹や腹痛などの症状が出る即時型ですが、数時間以上経過してから湿疹の悪化や下痢 …

    詳細はこちら

  • いろいろなアレルギー

     アスピリンはアセチルサリチル酸という解熱鎮痛薬です。アスピリン過敏症とはアスピリンやその他の酸性解熱鎮痛薬を服用することで、気管支喘息、鼻炎、じんま疹などの症状が出ることをいいます。アスピリン過敏症 …

    詳細はこちら

  • いろいろなアレルギー

     薬剤を内服または注射後に、皮膚や粘膜に症状を生じるものを指します。 すぐに治る症状の軽いものから、高熱とともに全身の皮膚や粘膜に拡大して内臓障害を伴う重症なものまでさまざまです。 薬剤に対するアレル …

    詳細はこちら

  • いろいろなアレルギー

     物理アレルギーとは、さまざまな物理的刺激によって引き起こされるアレルギー反応の総称です。刺激には、寒冷、運動、光線、機械的刺激などがあります。 これらの刺激が、寒冷じんま疹、運動誘発喘息、運動誘発ア …

    詳細はこちら

  • いろいろなアレルギー

     吸入性アレルゲンによるI型アレルギー反応が関係し、くしゃみ、水性鼻漏、鼻閉を3主徴とする疾患を、鼻アレルギーあるいはアレルギー性鼻炎と呼んでいます。症状の好発時期により通年性と季節性に分けられます。 …

    詳細はこちら

  • いろいろなアレルギー

     近年、花粉症の患者さんなどで、リンゴなどの果実によって口腔内のアレルギー症状が起こることが知られるようになり、口腔アレルギー症候群と呼ばれています。 原因となる食べ物が口腔粘膜に直接接触することで生 …

    詳細はこちら

  • いろいろなアレルギー

     昆虫に刺されたり接触したりして何らかの症状が現れる場合には、たとえば蚊に刺された局所がかゆくなる場合のような直接的な作用によるものと、免疫グロブリンE(IgE)抗体を介したアレルギー機序(仕組み)に …

    詳細はこちら

  • いろいろなアレルギー

     発作性の呼吸困難、喘鳴、咳を繰り返す疾患で、慢性的な炎症が気道に起こり、気道の過敏性が亢進することがその原因と考えられています。抗原の吸入、運動、感染、ストレスなどが喘息発作の引き金になります。吸入 …

    詳細はこちら

  • いろいろなアレルギー

     本症の抗原はさまざまですが、とくにカビ、有機粉塵、鳥の糞などを吸入することによって起こるアレルギー性の肺疾患のひとつで、主として肺の間質に広く炎症がみられます。肺炎のような症状を起こしますが、感染症 …

    詳細はこちら

  • いろいろなアレルギー

     1952年にヒンソンらによって、血液および痰のなかに白血球のひとつである好酸球が増加していることと、胸部X線写真で肺に浸潤陰影を認める肺好酸球増多症の例として、初めて報告されたものです。 真菌のアス …

    詳細はこちら


16件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ