ここから本文です

現在位置:

皮膚の病気

すべて

219
  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     コラーゲン線維の先天性異常で結合組織の脆弱性(もろさ)を特徴とし、関節、皮膚が過伸展する病気で、優性遺伝が多いです。 病因としては、1型、3型(血管型)、5型(古典型)のコラーゲン遺伝子異常、その他 …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     弾力線維の変性(組織が壊れる)により、皮膚、眼、血管などの強度が障害される病気で、先天性の遺伝性疾患です。 ABCトランスポーターと呼ばれる遺伝子の異常が原因と考えられています。 肘窩、膝窩、腋窩、 …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     早老症の代表的疾患で、さまざまな生理的老化に似た症状を示します。 DNA(デオキシリボ核酸)の複製、修復、組み換え、転写などに関わる酵素に遺伝子の異常があることが原因です。 (1)特徴的体型(低身長 …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     皮膚の進展方向(皮膚の伸びる方向)と直角に走る数本の線条(すじ)のことです。 結合組織の破綻による皮膚の症状名です。クッシング症候群、マルファン症候群、ステロイド薬の長期投与、糖尿病、肥満などに合併 …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     慢性の口唇の腫脹(はれ)で、組織検査をすると肉芽腫性の変化がみられます。 サルコイド、クローン病、食品添加物などとの関連を示唆する少数例があります。男女差はなく、どの年齢でも発症します。 突然、上下 …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     全身性の肉芽腫性疾患のことです(肉芽腫についてはコラム)。 原因は不明です。ツベルクリン反応の減弱がみられるので、何らかの免疫異常が関わっている可能性はあります。 数年の経過で、異なる臓器の症状が出 …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     真皮のコラーゲンの変性(組織が壊れる)とムチン沈着、それを取り巻く炎症性肉芽腫です。症状によって、限局型、汎発型をはじめ、多くの種類があります。 外傷(ツベルクリン反応、帯状疱疹の瘢痕など)、虫ささ …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     現在欧米では、顔面播種状粟粒性狼瘡という病名は使われず、酒さ様皮膚炎と考えられています。また出現部位により、口囲皮膚炎、眼囲皮膚炎などと呼ばれています。 顔面に生じる酒さ様皮膚炎で、組織的に結核菌へ …

    詳細はこちら

  • 毛嚢・皮脂腺の病気

     思春期に発症し、12~18歳に悪化しやすいことから“青春のシンボル”などといわれて病気扱いされないことがありますが、ホルモンの影響を受けて毛嚢・脂腺系の慢性炎症を生じる皮膚病で、治療が必要です。 思 …

    詳細はこちら

  • 毛嚢・皮脂腺の病気

     粃糠様(細かい米ぬか状)の落屑を特徴とする頭皮の病気で乾性脂漏ともいい、一般にはふけ症と呼ばれています。健康な人でも生理的に軽度のふけはみられますが、くしでとかすと肩に落屑が目立つ場合は病的と考えら …

    詳細はこちら


219件中91~100件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ