ここから本文です

現在位置:

皮膚の病気

すべて

219
  • 膠原病と類症

     皮下脂肪組織の脂肪融解を伴う結節性紅斑(赤い硬いしこり)です。発熱など全身症状や内臓病変を伴います。発熱は40℃に達する上がり下がりの激しい弛張熱です。結節性紅斑は多発性で下肢に初発し、経過により体 …

    詳細はこちら

  • 膠原病と類症

     皮膚粘膜リンパ節症候群(MCLS)とも呼ばれます。1967年、川崎富作博士によって報告された乳幼児に発症する熱性疾患です。 抗生剤に反応しない高熱が続き、特徴的な皮膚粘膜症状を伴います。急性期の炎症 …

    詳細はこちら

  • 膠原病と類症

     動脈や静脈の血栓症または胎盤微小血栓を主な病態とする自己免疫血栓症です。 自己抗体の一種である抗リン脂質抗体が関係して血栓症を起こします。具体的な抗体としてはβ2‐グリコプロテイン1、抗カルジオリピ …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     真皮の結合組織の疾患です。病名に成年性とありますが、約半数は10代で発症します。 原因は不明ですが若年者の例で上気道感染症、蜂窩織炎が先行感染として認められます。起因菌は溶連菌が最多です。糖尿病・血 …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     いろいろな蛋白質がアミロイド線維(分枝しない線維状で、水に極めて不溶)として全身組織に沈着し、さまざまな障害を引き起こす疾患です。 以下に、沈着するアミロイド成分による分類を示します。(1)免疫グロ …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     皮膚に限ってアミロイドの沈着がみられる疾患で、アミロイド苔癬、斑状アミロイドーシス、肛門仙骨部皮膚アミロイドーシス、摩擦黒皮症があります。沈着するアミロイド蛋白は、角化細胞に由来するケラチンが有力視 …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     皮膚にもれ出た脂質を組織球が貪食し、泡沫細胞として組織に存在する状態です。 血中脂質レベルによる分類は、(1)家族性高脂血症、(2)肝、腎、膵疾患、糖尿病などに合併する二次性高脂血症、(3)正脂血症 …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     ヘモグロビンをつくるヘムという物質の合成経路に異常があり、ポルフィリン代謝経路の産生物質が皮膚に沈着し、その光毒性反応による日光誘発性皮膚障害を生じる疾患です。 先天性ポルフィリン症、骨髄性プロトポ …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     紫外線により皮膚の障害を引き起こす遺伝性の疾患です。 日光に含まれる紫外線(UV)は、細胞の遺伝子に傷(ピリミジンダイマーなど)を生じさせます。生体には紫外線によりDNA(デオキシリボ核酸)に生じた …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     亜鉛の吸収障害によって起こる疾患で、先天性のものと後天性のものとがあります。体内には300以上の亜鉛含有酵素があることからもわかるように、亜鉛は生体にとって非常に重要な金属のひとつです。亜鉛の欠乏は …

    詳細はこちら


219件中81~90件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ