ここから本文です

現在位置:

皮膚の病気

すべて

219
  • 角化異常症

     病変部中心の皮膚が萎縮して、角質が辺縁で堤防状に隆起した不規則な環状局面を示す角化異常症で、さまざまな型があります(図24)。悪性腫瘍が発生することがあります。 ミベリ型汗孔角化症は常染色体優性遺伝 …

    詳細はこちら

  • 炎症性の角化症

     乾癬とは、皮膚が赤くなって盛り上がり、表面に雲母のような白い垢が厚く付着して、その一部がポロポロとはがれ落ちる病気です。まわりの人にうつる病気ではありません。 尋常性とは「普通の、ありふれた」という …

    詳細はこちら

  • 炎症性の角化症

     表面にうみ(膿疱)をもつ乾癬(尋常性乾癬)で、発熱などの症状も現れ、乾癬の重症型と考えられています。日本では約1000人の患者さんがいると推定されている、まれな病気です。1年間に50人ほどが新たに発 …

    詳細はこちら

  • 炎症性の角化症

     手指や足趾、四肢などの関節炎を合併する乾癬(尋常性乾癬)です。患者さんはやや男性に多いとされており、乾癬の重症型と考えられています。 尋常性乾癬と同様に原因は不明です。尋常性乾癬より、さらに体質的な …

    詳細はこちら

  • 炎症性の角化症

     類乾癬とは、(尋常性)乾癬に似ていて乾癬でないという意味です。乾癬との大きな違いは、発疹部に集まっている白血球のタイプの違いで、発疹を表面から見ただけではなかなか区別はつきません。 原因はいまだはっ …

    詳細はこちら

  • 炎症性の角化症

     四肢の関節部、陰部などに、紫紅色で平らに盛り上がった発疹ができる病気で、かゆみがあります。 原因はいまだはっきりとしていませんが、ある種のリンパ球が皮膚の細胞を攻撃するために起こる病気と考えられるよ …

    詳細はこちら

  • 炎症性の角化症

     毛穴に一致して白っぽい垢を伴う赤い発疹が現れ、長期になると発疹がくっついて乾癬様になる病気です。若年型と成人型があります。 原因はいまだはっきりとしていません。若年型は遺伝傾向があり、常染色体優性遺 …

    詳細はこちら

  • 炎症性の角化症

     主として20~30代の成人にみられ、腹部を中心に、突然たくさんの赤い発疹ができます。発疹がたくさんでき、派手に見えるわりには自覚症状も少なく、また自然に治るので心配のない病気です。 原因はいまだ不明 …

    詳細はこちら

  • 炎症性の角化症

     大きさがほぼ均一の、小さな盛り上がり(丘疹)がたくさん集まって生じる病気です。扁平苔癬のひとつのタイプとする説もあります。小児に多く、男子に多い傾向があります。 はっきりした原因は不明です。女性では …

    詳細はこちら

  • 炎症性の角化症

     妊娠をきっかけに、うみをもった地図状の赤い発疹が全身に生じる病気です。発熱などの症状を伴うこともあり、膿疱性乾癬のひとつのタイプと考えられています。 妊娠を契機に発病することから、妊娠に伴うホルモン …

    詳細はこちら


219件中61~70件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ