ここから本文です

現在位置:

皮膚の病気

すべて

219
  • 水疱症、膿疱症

     手のひらや足の裏に無菌性の膿疱(うみをもった皮疹)が生じて慢性の経過をたどる病気です。完成像は、境界がはっきりした紅斑落屑局面に多数の膿疱をもちます。ばい菌やウイルスがついていないのに、手のひらや足 …

    詳細はこちら

  • 角化異常症

     皮膚が黒く、ごわごわしてくる角化症(皮膚の最表層の部分が厚くなる病気)です。良性型、悪性型、仮性型の黒色表皮腫に大別されます。 良性型は内分泌障害・先天異常、悪性型は内臓の悪性腫瘍、仮性型は肥満に伴 …

    詳細はこちら

  • 角化異常症

     ナイロンタオルやボディブラシなどを使って、強い力で毎日皮膚を摩擦したために生じた色素沈着をいいます。摩擦メラノーシスともいいます。 慢性の機械的刺激が皮膚に加わったために起こります。 脊椎骨、鎖骨、 …

    詳細はこちら

  • 角化異常症

     全身性に皮膚が乾燥し、魚のうろこ状の鱗屑(皮膚の表面から剥離しつつある角質)ができる角化症(皮膚の最表層の部分が厚くなる病気)です(乾皮症と呼ばれることもあります。 遺伝性で、常染色体準優性遺伝形式 …

    詳細はこちら

  • 角化異常症

     皮膚の下に骨などの硬いものがある部位に生じる限局性の角質増殖です。角質の増殖が皮膚の表面に向かい、自覚症状が乏しいという特徴があります。 一定部位に長期間、間欠的に外力や摩擦などの機械的刺激が加わる …

    詳細はこちら

  • 角化異常症

     限局性の角質増殖(頂点が真皮側に位置する円錐形の角質増殖)です(図20)。 機械的刺激が繰り返し加わることによって生じます。足型に合わない靴をはいたり、軟らかい底の靴で砂利道のように硬い凹凸のある所 …

    詳細はこちら

  • 角化異常症

     上腕や大腿伸側の毛孔(毛穴)に一致した、角化性丘疹が生じる慢性の病気です。思春期の女子に多くみられます。 家族にこの病気の人がいると発症しやすいことから、常染色体優性遺伝が推測されています。遺伝的因 …

    詳細はこちら

  • 角化異常症

     主として脂漏部位や間擦(こすれる)部位に角化性丘疹が生じる病気です(図21)。角化性丘疹が主症状であるため、毛包性角化症の別名があります。幼児期から青年期に発症します。 常染色体優性遺伝性の病気で、 …

    詳細はこちら

  • 角化異常症

     出生時から全身の潮紅(赤らみ)が著しく、水疱が頻発する病気です(図22)。 常染色体優性の遺伝性疾患で、ケラチン1(K1)あるいはケラチン10(K10)という蛋白を作成する遺伝子の変異により生じます …

    詳細はこちら

  • 角化異常症

     掌蹠(手のひらと足の裏)の過角化を主症状とする疾患群です。掌蹠角化症には、先天性素因によって生じる先天性掌蹠角化症と、後天性掌蹠角化症があります。しかし、この両者を臨床所見のみで区別することは困難な …

    詳細はこちら


219件中51~60件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ