ここから本文です

現在位置:

皮膚の病気

すべて

219
  • 薬剤・物理・化学的刺激による皮膚障害

     放射線照射による皮膚障害です。短期間に過度の放射線を浴びて起こる急性放射線皮膚炎と、少量の放射線を繰り返して浴びたために起こる慢性放射性皮膚炎があります。 通常は起こりませんが、悪性腫瘍の治療時や放 …

    詳細はこちら

  • 薬剤・物理・化学的刺激による皮膚障害

     日光によって起こる皮膚の変化で、サンタン(色素の増加)とサンバーン(日光によるやけどの状態)があります。 日焼けを起こすのは紫外線です。紫外線には長波長(UVA)、中波長(UVB)、短波長(UVC) …

    詳細はこちら

  • 薬剤・物理・化学的刺激による皮膚障害

     光線過敏症の一種です。紫外線に対する過敏性があり、日光にあたる部分に症状が現れます。 日光露出部の顔面や頸部に、かゆみのある湿疹様の発疹や紅斑、ぶつぶつした丘疹などが現れます。日差しが強くなる春から …

    詳細はこちら

  • 薬剤・物理・化学的刺激による皮膚障害

     持続的な圧迫によって、組織の血流が減少・消失し、虚血状態、低酸素状態になって、組織の壊死が起こった状態です。 寝たきりや麻痺などで体位を変えられない人にできます。腰の仙骨部や足の踵の部分、骨が突出し …

    詳細はこちら

  • 水疱症、膿疱症

     天疱瘡は普通、前ぶれ(前駆症状)なく、健康な皮膚にいろいろな大きさの水ぶくれ(水疱)ができる病気です。大きなびらんをつくるタイプの尋常性天疱瘡と、小さな水疱ができて落ち葉のような落屑になる落葉状天疱 …

    詳細はこちら

  • 水疱症、膿疱症

     お年寄りに多くみられます。かゆみを伴った皮膚の赤み(紅斑)と、そのなかに大型の水ぶくれ(水疱)が出てくる病気で、体のどこにでも現れます。水ぶくれが破れたあとのびらん(ただれ)は、治りやすいのが天疱瘡 …

    詳細はこちら

  • 水疱症、膿疱症

     皮膚の症状は水疱性類天疱瘡に似ていますが、症状はそれほど激しくはないか、時には症状がないこともあります。水疱は傷あと(瘢痕)を残して治ることと、眼や口の粘膜に症状が現れて、そこがひきつれ(瘢痕)にな …

    詳細はこちら

  • 水疱症、膿疱症

     妊娠の時に出てくる水疱性類天疱瘡と考えると理解しやすいと思います。 妊娠中、または、胞状奇胎や絨毛上皮腫(ともに婦人科領域の腫瘍性の病気)に伴って発症します。 原因は、患者さんの血液のなかに、皮膚の …

    詳細はこちら

  • 水疱症、膿疱症

     先天性表皮水疱症には(1)単純型、(2)接合部型、(3)栄養障害型の3つの病型が含まれていて、重症度や治り方もだいぶ違います。ひとまとめにして共通する特徴としては、(1)親から子どもへと伝わっていく …

    詳細はこちら

  • 水疱症、膿疱症

     中年以降に発症することが多く、腋の下や股など、こすれやすいところに水疱ができて、治りにくい病気です。 ATP2C1という遺伝子の変異で起こり、高温、多湿、摩擦、感染などで増悪します。 通常は中年以降 …

    詳細はこちら


219件中41~50件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ