ここから本文です

現在位置:

皮膚の病気

すべて

219
  • 紅斑症・紅皮症

     輪状あるいは環状の形をした紅斑を示す皮膚病の総称です。 リウマチ・膠原病に伴うもの(リウマチ性環状紅斑、シェーグレン症候群、亜急性皮膚エリテマトーデス)、ライム病(ボレリアというスピロヘータの感染症 …

    詳細はこちら

  • 紅斑症・紅皮症

     発熱と血液中に好中球(白血球の一種)の増加を伴って急に発症する、隆起性の紅斑を特徴とする病気です。 細菌などに対して好中球の機能が高まって生じる過敏反応と考えられます。約20%の症例で血液疾患や悪性 …

    詳細はこちら

  • 紅斑症・紅皮症

     下腿(膝から足首まで)に円形ないし不規則形の紅斑が多発し、触ると硬いしこりと圧痛のある病気で、病理学的には皮下脂肪組織を中心とする炎症です。 細菌、ウイルス、真菌などの感染アレルギーが主な原因と考え …

    詳細はこちら

  • 紅斑症・紅皮症

     全身の皮膚が潮紅し、落屑(鱗屑がぼろぼろとはげ落ちる)を伴う皮膚病で、剥脱性皮膚炎ともいいます。 紅皮症は、それぞれ原因の異なる皮膚病に続いて発症します。最も頻度が高いのはアトピー性皮膚炎や高齢者の …

    詳細はこちら

  • 血行障害による皮膚病

     20代の女性に好発する、四肢とくに下肢の皮膚の表面にできる、しこりのない点状の出血斑です。合併症はありません。春、秋に多く発症する傾向があります。 原因は不明ですが、毛細血管の弱さが関係するものと考 …

    詳細はこちら

  • 血行障害による皮膚病

     明らかな基礎疾患や原因薬剤の関与もなく発症し、血小板数が減るため、さまざまな出血症状を引き起こす病気のことをいいます。慢性型と急性型とがあり、急性型は小児に多く、急激に発症します。一方、慢性型は20 …

    詳細はこちら

  • 血行障害による皮膚病

     60歳を超える高齢者の両前腕から手背に好発する暗紫紅色出血斑で、加齢とともに皮膚の弾力がなくなってきたために、わずかな打撲でも不規則な形をした斑状の紫斑ができるようになります。 老化に伴う皮膚結合組 …

    詳細はこちら

  • 血行障害による皮膚病

     多くの場合中年以降にみられる下肢の点状出血、毛細血管拡張、褐色調の色素沈着で慢性の経過をたどります。やや男性に多くみられます。臨床症状によりシャンバーグ病、マヨッキー(血管拡張性環状紫斑)、紫斑性色 …

    詳細はこちら

  • 血行障害による皮膚病

     皮膚に限られる血管炎で、成人女性に多く、両下肢に発症して潰瘍と紫斑を伴います。全身症状はほとんどなく、発熱や関節痛などがあっても軽微です。 病因はアルサス型反応(III型アレルギー)で免疫複合体が下 …

    詳細はこちら

  • 血行障害による皮膚病

     シェーンライン・ヘノッホ紫斑ともいいます。小児に多い疾患で、感染症が先行して発病し、下肢に点状の紫斑が多発します。発熱、腹部症状、関節症状を伴い、紫斑病性腎症を併発することが知られています。 小児で …

    詳細はこちら


219件中21~30件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ