ここから本文です

現在位置:

皮膚の病気

すべて

219
  • 湿疹・皮膚炎群

     俗にハタケと呼ばれる、小児や10代によくみられる顔面の円形または楕円形の軽度の脱色素性病変で、小学校児童の約2割にみられるありふれたものです。 アトピー性皮膚炎の小児にみられることが多く、乾燥しやす …

    詳細はこちら

  • 湿疹・皮膚炎群

     皮脂が減っていくのに伴って皮膚が乾燥した状態を乾皮症と、さらにかゆみと皮膚炎が加わったものを皮脂減少性皮膚炎と呼びます。 年齢とともに肌が次第に乾燥してくることが原因になることが最も多く、頻度は30 …

    詳細はこちら

  • 湿疹・皮膚炎群

     静脈瘤など下肢の血行障害によって膝下3分の1の部位に生じる、とくに中年以降の女性に多い慢性の皮膚炎です。 遺伝的に静脈の弁が弱い体質に加えて、長時間・長期間の立ち仕事、肥満、加齢、出産などが誘因とな …

    詳細はこちら

  • 湿疹・皮膚炎群

     手のひらや手指、足の裏に小さな水疱が多数現れる再発性疾患です。 原因は明らかではありませんが、夏期に汗の多い人にみられることが多いことから、汗が間接的に影響を及ぼしていると考えられています。また、食 …

    詳細はこちら

  • じんま疹と類似の皮膚病

     皮膚に生じる一種のアレルギー反応で、赤い発疹が現れる病気です。皮膚のなかのマスト細胞から、ヒスタミンという物質が出るために起こります。 通常は半日以内に発疹はおさまります。発疹が4週以上にわたって繰 …

    詳細はこちら

  • じんま疹と類似の皮膚病

     強いかゆみを伴う皮膚の炎症反応形式のひとつです。大豆くらいまでの大きさの塊が皮膚に多数でき、長い場合は数年にわたり続きます。1カ月以内に治るものを急性痒疹、数カ月以上にわたって続く場合を慢性痒疹と分 …

    詳細はこちら

  • じんま疹と類似の皮膚病

     アナフィラキシーは即時型アレルギーの症状が複数の臓器にみられる病態で、急激に全身の血管の拡張を来すとショックになり、時には死に至ることもあります。 アナフィラキシーの原因抗原は食物、昆虫の毒、薬剤な …

    詳細はこちら

  • じんま疹と類似の皮膚病

     蚊、ブヨ、ノミなどの昆虫や、イエダニなどの吸血性ダニに刺されて生じた皮膚炎です。毒蛾などの幼虫や成虫の毒毛との接触により生じた皮膚炎(毛虫皮膚炎や毒蛾皮膚炎)も含まれます。 刺されたあと30分以内に …

    詳細はこちら

  • じんま疹と類似の皮膚病

     皮膚に目立った異常がみられないにもかかわらず、かゆみが出る病気です。かゆみのために引っかいて、引っかき傷や発赤、茶褐色の色調変化が二次的にみられることがあります。 全身にかゆみが出る全身性皮膚掻痒症 …

    詳細はこちら

  • 紅斑症・紅皮症

     多形(滲出性)紅斑は、親指の頭くらいの円形の紅斑が多発する皮膚病で、大きく2つのタイプに分けられます。 第一は、春から夏にかけて若い女性に多くみられ、発熱などの全身的な症状はほとんどなく、手の甲から …

    詳細はこちら


219件中11~20件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ