ここから本文です

現在位置:

毛の異常

毛の異常

10
  • 毛の異常

     生まれつき毛がまったく生えないか、あるいは少ない病気です。生まれた時は普通の人と同じように頭の毛があるのに、生後1~2年で抜け落ちて生えてこない病気もあります。頭部全体に毛がない全頭無毛症と、頭部の …

    詳細はこちら

  • 毛の異常

     脱毛の原因としては最も多い疾患です。大部分の人は自然に治ってしまいます。 精神的ストレスが原因であると広く信じられていますが、これは主要な原因ではありません。現在では自己免疫が原因と考えられています …

    詳細はこちら

  • 毛の異常

     青壮年に多い脱毛症で、男性型脱毛症あるいは若はげなどと呼ばれることもあります(図100)。20歳ころから発症し、年齢が高くなるほど増えていきます。男性に多いのですが、女性にも発症します。 壮年性脱毛 …

    詳細はこちら

  • 毛の異常

     粃糠性脱毛では頭にふけが多く、毛髪が薄くなります。思春期以降の男性に多い病気です。 脂漏性皮膚炎に脱毛が伴ったものと考えられています。 頭全体に細かい灰白色のふけが固く付着しています。頭皮は赤く、か …

    詳細はこちら

  • 毛の異常

     いろいろな原因により毛包が破壊され、毛が生えてこなくなる状態をいいます。毛包のあった部位は瘢痕に置きかわり、毛包は消失しています(図101)。 毛包の峡部と呼ばれる部分には毛髪を作る毛母細胞の幹細胞 …

    詳細はこちら

  • 毛の異常

     何らかの原因疾患があるために脱毛が起きることです。 毛は成長期、退行期、休止期を周期的に繰り返して生え変わります。成長期の期間が長いと長い毛になり、成長期が短いと短い毛になります。成長期の長さは年齢 …

    詳細はこちら

  • 毛の異常

     多毛症とは、軟毛が硬毛に変化することであり、毛の数が増えるわけではありません。軟毛は色が薄く、軟らかく、短く、細い毛です。硬毛は長く硬い毛で、色素を多く含んでいます。頭の毛、眉毛、まつ毛、成人の陰毛 …

    詳細はこちら

  • 毛の異常

     正常な毛は円柱の形をしています。毛の形が、でこぼこになったり、ねじれたり、割れたりなどの形の異常を示すのが毛髪奇形です。 毛の形が異常になるのには、先天的な原因と後天的な原因とがあります。先天的なも …

    詳細はこちら

  • 毛の異常

     毛にはメラニン(黒色の色素)が含まれており、メラニンの量と種類により毛の色が決まります。本来は黒色の毛の人が先天的あるいは後天的な原因でメラニンをつくることができなくなると、白色の毛になります。 先 …

    詳細はこちら

  • 毛の異常

     自分で毛を引き抜いたり、毛を根元で折ることにより頭部に毛の短い部分が現れます(図103)。 頭の毛だけではなく眉毛、まつ毛が抜けていることもあります。 欲求不満や精神的ストレスが原因になっています。 …

    詳細はこちら


10件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

スマートフォン版Yahoo!ヘルスケア
病院情報のQRコードおでかけ先でも「病院情報」や「家庭の医学」で病気を調べることができます。
本文はここまでです このページの先頭へ