ここから本文です

現在位置:

皮膚の悪性腫瘍

皮膚の悪性腫瘍

5
  • 皮膚の悪性腫瘍

     それ自身がかなり高い確率で将来がんに移行しうるものを「がん前駆症」あるいは「前がん状態」といいます。狭義には「表皮内がん」と同じであり、ボーエン病、日光角化症(老人性角化腫)、白板症などが含まれます …

    詳細はこちら

  • 皮膚の悪性腫瘍

     皮膚は表皮(上皮)と真皮からなり、真皮では血管や神経など、さらには汗(汗腺)、あぶら(脂腺)や毛(毛包)などの上皮成分(付属器)が入り込んだ複雑な構造になっています。表皮成分や真皮成分からも悪性ので …

    詳細はこちら

  • 皮膚の悪性腫瘍

     リンパ球はその顔つき(表面マーカー)により大きくTリンパ球とBリンパ球とに分類されます。また、皮膚はリンパ節以外でリンパ腫を生じる代表的な臓器のひとつであり、とくにT細胞リンパ腫が好発します。また、 …

    詳細はこちら

  • 皮膚の悪性腫瘍

     悪性黒色腫は悪性度の高い皮膚がんであり、“ほくろのがん”としても広く知られています。また、色素産生能をもつため、黒褐色の平べったいあるいは盛り上がった皮膚病変となることが多いのですが、色がついてない …

    詳細はこちら

  • 皮膚の悪性腫瘍

     広義の血管(脈管)肉腫すなわち血管の悪性腫瘍は、(1)悪性血管内皮細胞腫、(2)悪性血管外皮細胞腫、(3)カポジ肉腫に分類されます。 さらに、(1)の悪性血管内皮細胞腫は高齢者の頭部に好発する血管肉 …

    詳細はこちら


5件中1~5件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ