ここから本文です

現在位置:

皮膚の良性腫瘍

皮膚の良性腫瘍

13
  • 皮膚の良性腫瘍

     中年以降に発生し、加齢とともに増える皮膚の良性腫瘍で、皮膚の老化現象のひとつとされています。 遺伝的要因や日光による露出部の皮膚の老化が、誘因と考えられるものがあります。 手のひら、足の裏以外の皮膚 …

    詳細はこちら

  • 皮膚の良性腫瘍

     皮膚の表面付近にできる直径1~2mm以内の角質が入った袋です。顔面にしばしば発生し、白色の小さな粒のように見えます。 毛穴の奥にある毛包という袋や、皮脂をつくる腺の未発達なものに角質がたまって生じま …

    詳細はこちら

  • 皮膚の良性腫瘍

     皮膚のなかに生じた角質が充満した袋です。袋自体が角質をつくる細胞でできているため、徐々に内容である角質は増えていきます。 毛穴の奥にある毛包が炎症などの結果、内部に代謝産物をためた袋状の構造をとるよ …

    詳細はこちら

  • 皮膚の良性腫瘍

     顔面、とくにまぶたに多発して発生する小型で扁平に隆起した発疹で、汗を出す管である汗管が増殖してできたものです。 女性に多く、思春期以降に現れます。眼のまわり、とくに眼の下に多発して発生しますが、額や …

    詳細はこちら

  • 皮膚の良性腫瘍

     皮下脂肪を構成する細胞と同様の脂肪細胞(脂肪を蓄えた細胞)が増殖して、しこりを形成したものです。通常、皮下脂肪のなかに生じる比較的ありふれた良性腫瘍です。 成熟した脂肪細胞には増殖能はありませんが、 …

    詳細はこちら

  • 皮膚の良性腫瘍

     傷が治る過程において本来、傷を埋めるための組織が過剰に増殖して、しこりになったものがケロイドと肥厚性瘢痕です。組織の過剰増殖が一時的で、傷の範囲内に限られるものを肥厚性瘢痕といい、ゆっくりしながらも …

    詳細はこちら

  • 皮膚の良性腫瘍

     現在、日本で慣習的に血管腫と呼んでいるものは、性質の異なる2つの疾患群に分けられます。ひとつは、イチゴ状血管腫のように血管を構成する細胞の増殖を本体とする病変であり、真の意味の血管腫です。 もうひと …

    詳細はこちら

  • 皮膚の良性腫瘍

     皮膚の広範な血管腫に血小板の減少、紫斑などの出血症状を伴う状態です。 この病気を引き起こす血管腫を構成する腫瘍細胞は未熟で、不完全な管腔を形成しながら増殖します。しかも、血液の流れがいちご状血管腫よ …

    詳細はこちら

  • 皮膚の良性腫瘍

     体液の一種であるリンパ液が流れる管、すなわちリンパ管が拡張して、皮膚の表面にカエルの卵のような透明な水疱様皮疹が多発したり、皮膚の下に軟らかいしこりができたりする病気です。 リンパ管の発達段階におけ …

    詳細はこちら

  • 皮膚の良性腫瘍

     わずかに盛り上がった1~3mmの赤い発疹を中心に、クモの足のように放射状に広がる血管が肉眼で見える状態です。 肝硬変などの肝障害の患者さんや妊婦、経口避妊薬を服用中の女性などで多発してみられ、女性ホ …

    詳細はこちら


13件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ