ここから本文です

現在位置:

皮膚の真菌症

皮膚の真菌症

19
  • 皮膚の真菌症

     真菌(カビ)の一種である皮膚糸状菌(白癬菌)が皮膚に感染して起こる病気です。病変の部位により、足白癬(水虫)、爪白癬(爪の水虫)、手白癬(手の水虫)、体部白癬(ゼニたむし)、股部白癬(いんきんたむし …

    詳細はこちら

  • 皮膚の真菌症

     足に生じる白癬菌感染症で、白癬のなかでは圧倒的に多く、全白癬患者の65%程度を占めます。さらに足白癬にかかっていても皮膚科を受診しない患者さんも多く、日本人の20%くらいがかかっているというデータも …

    詳細はこちら

  • 皮膚の真菌症

     手に生じる白癬菌感染症で、頻度は全白癬患者の3%程度です。 手白癬は本人の足白癬からうつることが多いので、足白癬の放置が最も問題になります。 手白癬は片手だけに生じることが多く、鱗屑(皮膚表面からは …

    詳細はこちら

  • 皮膚の真菌症

     白癬菌が爪のなかに感染して、爪の肥厚、変色、変形が起こる病気です。頻度は全白癬患者の20%程度です。 爪白癬は多くの場合、足や手白癬に続いて起こります。これらを放置することが最も大きな原因です。 爪 …

    詳細はこちら

  • 皮膚の真菌症

     手足、股部を除いた皮膚に生じる白癬菌感染症で、頻度は全白癬患者の7%程度です。 足白癬のある人に発症することが多いので、その放置が問題になります。また不潔、多汗などの皮膚の問題、あるいは肥満、寝たき …

    詳細はこちら

  • 皮膚の真菌症

     股部に生じる白癬菌感染症で、頻度は全白癬患者の5%程度です。 足白癬のある人に発症することが多いので、その放置が最も問題になります。以前は若い人に多かったのですが、現在は高齢者に多くみられます。不潔 …

    詳細はこちら

  • 皮膚の真菌症

     白癬菌が頭の毛に感染して起こるまれな病気です。 小児に多くみられるように、年齢が関係します。また、白癬菌のなかでもミクロスポルム・カーニス(犬小胞子菌)、トリコフィートン・トンスランス(トンスランス …

    詳細はこちら

  • 皮膚の真菌症

     毛に侵入した白癬菌のため皮膚の炎症が強くなった状態で、頻度はまれです。 頭部白癬が誤診されて、ステロイド薬を使用し、悪化してケルスス禿瘡になることが最も多くみられます。 頭部に複数の膿疱が集まり、全 …

    詳細はこちら

  • 皮膚の真菌症

     粘膜の常在菌であるカンジダ、とくにカンジダ・アルビカンスが増殖、形態変化して、皮膚と粘膜に感染して生じます。部位や年齢によりカンジダ性間擦診、乳児皮膚カンジダ症、カンジダ性指間びらん症、カンジダ性爪 …

    詳細はこちら

  • 皮膚の真菌症

     間擦部(こすれる部分)に生じるカンジダ感染症で、乳幼児は別に分類しています。頻度は全皮膚粘膜カンジダ症患者の40%程度で、最も多い病型です。 年齢、基礎疾患、寝たきり、肥満などの全身的な問題のほかに …

    詳細はこちら


19件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ