ここから本文です

現在位置:

細菌感染で起こる皮膚病

細菌感染で起こる皮膚病

15
  • 細菌感染で起こる皮膚病

     ひとつの毛包(毛穴の奥で毛根を包んでいるところ)にブドウ球菌が感染して起こる皮膚の病気です。 黄色ブドウ球菌、コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(主に表皮ブドウ球菌)、あるいは両方が同時に感染する場合があり …

    詳細はこちら

  • 細菌感染で起こる皮膚病

     せつは、毛包および毛包周囲の細菌感染によって起こり、膿瘍(皮膚のなかにうみがたまった状態)となって炎症は皮下の脂肪組織まで及ぶことがあります。顔にできたおできを面疔と呼びます。癰は、隣同士の数個以上 …

    詳細はこちら

  • 細菌感染で起こる皮膚病

     あごや鼻の下のような硬いひげの生える部分にできやすい、細菌による毛包炎および毛包周囲炎です。 主として黄色ブドウ球菌、次いで表皮ブドウ球菌によります。ひげそりによる非常に小さな傷に菌が侵入して起こり …

    詳細はこちら

  • 細菌感染で起こる皮膚病

     アポクリン汗腺がたくさんある部位に起こる、急性あるいは慢性の化膿性の病気です。 黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が多く検出されます。発生部位が腋や股などしわが多くて摩擦などの刺激を受けやすいところで、 …

    詳細はこちら

  • 細菌感染で起こる皮膚病

     あせもにブドウ球菌が感染し、皮膚の浅い部分に膿疱を生じたものを汗孔炎といいます。汗孔炎のあとに、皮膚のより深いところのエクリン汗腺部に膿瘍ができた場合は汗腺膿瘍と呼びます。 汗孔(汗が出る管の出口) …

    詳細はこちら

  • 細菌感染で起こる皮膚病

     黄色ブドウ球菌あるいは連鎖球菌が皮膚の浅い部分に感染し、水疱あるいは膿疱をつくる化膿性の病気です。黄色ブドウ球菌が原因の時は水疱ができるので、水疱性膿痂疹(ブドウ球菌性膿痂疹)と呼ばれ、連鎖球菌が原 …

    詳細はこちら

  • 細菌感染で起こる皮膚病

     のどや鼻の粘膜などに黄色ブドウ球菌が感染して増え、その菌からの毒素(表皮剥脱毒素)が血流に入って全身の皮膚に達し、全身が赤くはれたようになり、やけどのように皮膚がずるずるとはがれてくる病気です。水疱 …

    詳細はこちら

  • 細菌感染で起こる皮膚病

     手指あるいは足趾(足の指)に細菌が感染して起こる病気(指趾末節の蜂窩織炎)です。 爪の周囲に小さい傷があったり指しゃぶりで指がいつも湿った状態になりやすい乳幼児、水仕事の機会の多い女性や調理人など、 …

    詳細はこちら

  • 細菌感染で起こる皮膚病

     連鎖球菌の感染によって起こる皮膚の浅いところ(真皮)の化膿性炎症です。皮膚の浅いところに生じた蜂窩織炎ともいえます。高齢者や免疫力の低下した人に多く発症します。 化膿連鎖球菌によってよく起こります。 …

    詳細はこちら

  • 細菌感染で起こる皮膚病

     皮膚の深いところから皮下脂肪組織にかけての細菌による化膿性炎症です。 主として黄色ブドウ球菌によりますが、化膿連鎖球菌など他の細菌によって生じることもあります。菌は、毛穴や汗の出る管、小さい傷、ある …

    詳細はこちら


15件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ