ここから本文です

現在位置:

代謝異常、形成異常などの皮膚病

代謝異常、形成異常などの皮膚病

15
  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     真皮の結合組織の疾患です。病名に成年性とありますが、約半数は10代で発症します。 原因は不明ですが若年者の例で上気道感染症、蜂窩織炎が先行感染として認められます。起因菌は溶連菌が最多です。糖尿病・血 …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     いろいろな蛋白質がアミロイド線維(分枝しない線維状で、水に極めて不溶)として全身組織に沈着し、さまざまな障害を引き起こす疾患です。 以下に、沈着するアミロイド成分による分類を示します。(1)免疫グロ …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     皮膚に限ってアミロイドの沈着がみられる疾患で、アミロイド苔癬、斑状アミロイドーシス、肛門仙骨部皮膚アミロイドーシス、摩擦黒皮症があります。沈着するアミロイド蛋白は、角化細胞に由来するケラチンが有力視 …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     皮膚にもれ出た脂質を組織球が貪食し、泡沫細胞として組織に存在する状態です。 血中脂質レベルによる分類は、(1)家族性高脂血症、(2)肝、腎、膵疾患、糖尿病などに合併する二次性高脂血症、(3)正脂血症 …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     ヘモグロビンをつくるヘムという物質の合成経路に異常があり、ポルフィリン代謝経路の産生物質が皮膚に沈着し、その光毒性反応による日光誘発性皮膚障害を生じる疾患です。 先天性ポルフィリン症、骨髄性プロトポ …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     紫外線により皮膚の障害を引き起こす遺伝性の疾患です。 日光に含まれる紫外線(UV)は、細胞の遺伝子に傷(ピリミジンダイマーなど)を生じさせます。生体には紫外線によりDNA(デオキシリボ核酸)に生じた …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     亜鉛の吸収障害によって起こる疾患で、先天性のものと後天性のものとがあります。体内には300以上の亜鉛含有酵素があることからもわかるように、亜鉛は生体にとって非常に重要な金属のひとつです。亜鉛の欠乏は …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     コラーゲン線維の先天性異常で結合組織の脆弱性(もろさ)を特徴とし、関節、皮膚が過伸展する病気で、優性遺伝が多いです。 病因としては、1型、3型(血管型)、5型(古典型)のコラーゲン遺伝子異常、その他 …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     弾力線維の変性(組織が壊れる)により、皮膚、眼、血管などの強度が障害される病気で、先天性の遺伝性疾患です。 ABCトランスポーターと呼ばれる遺伝子の異常が原因と考えられています。 肘窩、膝窩、腋窩、 …

    詳細はこちら

  • 代謝異常、形成異常などの皮膚病

     早老症の代表的疾患で、さまざまな生理的老化に似た症状を示します。 DNA(デオキシリボ核酸)の複製、修復、組み換え、転写などに関わる酵素に遺伝子の異常があることが原因です。 (1)特徴的体型(低身長 …

    詳細はこちら


15件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ