ここから本文です

現在位置:

薬剤・物理・化学的刺激による皮膚障害

薬剤・物理・化学的刺激による皮膚障害

9
  • 薬剤・物理・化学的刺激による皮膚障害

     薬疹とは薬剤によって引き起こされる皮膚の症状で、出現する症状はさまざまです。 内服、注射などによって体内に入った薬剤が、皮膚の発疹を引き起こします。アレルギー性と非アレルギー性の原因がありますが、多 …

    詳細はこちら

  • 薬剤・物理・化学的刺激による皮膚障害

     熱傷(やけど)は高熱による皮膚の障害です。受傷部位に発赤、水ぶくれ、痛みが現れます。熱傷の面積が広いと血圧低下、尿量の減少、頻脈、感染症などの全身症状が現れます。 熱源としては熱湯が最も多く、次いで …

    詳細はこちら

  • 薬剤・物理・化学的刺激による皮膚障害

     酸、アルカリなどの刺激性の化学物質が皮膚に付着したために起こる皮膚障害で、他の熱傷よりは深いものになりやすい傾向があります。 一般的には、アルカリによるもののほうが酸によるものよりも深い部分にまで症 …

    詳細はこちら

  • 薬剤・物理・化学的刺激による皮膚障害

     いわゆる「しもやけ」で、寒冷による血行障害が原因で起こります。 寒冷にさらされた直後には静脈と動脈が収縮していますが、そのあとに動脈は静脈よりも早く拡張します。そのため、動脈は拡張しているのに静脈は …

    詳細はこちら

  • 薬剤・物理・化学的刺激による皮膚障害

     寒冷による凍結によって起こる皮膚や皮下組織の障害で、その障害の程度は寒冷の強さや作用時間によって異なります。 血液の凝固あるいは血管の収縮・閉塞なども関係すると考えられています。冷たい金属との接触で …

    詳細はこちら

  • 薬剤・物理・化学的刺激による皮膚障害

     放射線照射による皮膚障害です。短期間に過度の放射線を浴びて起こる急性放射線皮膚炎と、少量の放射線を繰り返して浴びたために起こる慢性放射性皮膚炎があります。 通常は起こりませんが、悪性腫瘍の治療時や放 …

    詳細はこちら

  • 薬剤・物理・化学的刺激による皮膚障害

     日光によって起こる皮膚の変化で、サンタン(色素の増加)とサンバーン(日光によるやけどの状態)があります。 日焼けを起こすのは紫外線です。紫外線には長波長(UVA)、中波長(UVB)、短波長(UVC) …

    詳細はこちら

  • 薬剤・物理・化学的刺激による皮膚障害

     光線過敏症の一種です。紫外線に対する過敏性があり、日光にあたる部分に症状が現れます。 日光露出部の顔面や頸部に、かゆみのある湿疹様の発疹や紅斑、ぶつぶつした丘疹などが現れます。日差しが強くなる春から …

    詳細はこちら

  • 薬剤・物理・化学的刺激による皮膚障害

     持続的な圧迫によって、組織の血流が減少・消失し、虚血状態、低酸素状態になって、組織の壊死が起こった状態です。 寝たきりや麻痺などで体位を変えられない人にできます。腰の仙骨部や足の踵の部分、骨が突出し …

    詳細はこちら


9件中1~9件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ