ここから本文です

現在位置:

血行障害による皮膚病

血行障害による皮膚病

11
  • 血行障害による皮膚病

     20代の女性に好発する、四肢とくに下肢の皮膚の表面にできる、しこりのない点状の出血斑です。合併症はありません。春、秋に多く発症する傾向があります。 原因は不明ですが、毛細血管の弱さが関係するものと考 …

    詳細はこちら

  • 血行障害による皮膚病

     明らかな基礎疾患や原因薬剤の関与もなく発症し、血小板数が減るため、さまざまな出血症状を引き起こす病気のことをいいます。慢性型と急性型とがあり、急性型は小児に多く、急激に発症します。一方、慢性型は20 …

    詳細はこちら

  • 血行障害による皮膚病

     60歳を超える高齢者の両前腕から手背に好発する暗紫紅色出血斑で、加齢とともに皮膚の弾力がなくなってきたために、わずかな打撲でも不規則な形をした斑状の紫斑ができるようになります。 老化に伴う皮膚結合組 …

    詳細はこちら

  • 血行障害による皮膚病

     多くの場合中年以降にみられる下肢の点状出血、毛細血管拡張、褐色調の色素沈着で慢性の経過をたどります。やや男性に多くみられます。臨床症状によりシャンバーグ病、マヨッキー(血管拡張性環状紫斑)、紫斑性色 …

    詳細はこちら

  • 血行障害による皮膚病

     皮膚に限られる血管炎で、成人女性に多く、両下肢に発症して潰瘍と紫斑を伴います。全身症状はほとんどなく、発熱や関節痛などがあっても軽微です。 病因はアルサス型反応(III型アレルギー)で免疫複合体が下 …

    詳細はこちら

  • 血行障害による皮膚病

     シェーンライン・ヘノッホ紫斑ともいいます。小児に多い疾患で、感染症が先行して発病し、下肢に点状の紫斑が多発します。発熱、腹部症状、関節症状を伴い、紫斑病性腎症を併発することが知られています。 小児で …

    詳細はこちら

  • 血行障害による皮膚病

     赤紫色の樹枝状もしくは網目状の模様が主に下肢にみられるものです。皮膚の末梢循環障害による症状のひとつで、リベドーと呼ばれています。赤外線ストーブやこたつなどによる下肢の褐色色素沈着を伴った“ひだこ” …

    詳細はこちら

  • 血行障害による皮膚病

     若い女性の四肢の末端に左右対称でびまん性、紫藍色の潮紅を示し、触れると冷感があるものの、本人の自覚症状は乏しいという特徴があります。日本では比較的まれな疾患と考えられていますが、見逃されている可能性 …

    詳細はこちら

  • 血行障害による皮膚病

     寒さの刺激や精神的な緊張から、四肢の先端の小動脈が発作性に収縮(れん縮)することにより、時間を追って手指の色調が変化する現象です。 レイノー現象を起こす疾患としては膠原病が最も多く、とくに全身性硬化 …

    詳細はこちら

  • 血行障害による皮膚病

     静脈の内膜に炎症を生じ、血栓ができ、静脈閉塞を生じることで、通常は片側の下肢に腫脹(はれ)と疼痛を来します。 長時間の手術や分娩などで体を動かさない人に生じますが、普段は健康な成人でも、長時間の飛行 …

    詳細はこちら


11件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ