ここから本文です

現在位置:

皮膚の病気

すべて

219
  • 湿疹・皮膚炎群

     皮膚炎は湿疹とも呼ばれ、紅斑(皮膚が赤くなる)、丘疹(ぶつぶつ)、水疱(みずぶくれ)、痂皮(かさぶた)、鱗屑(かさかさ)など多彩な症状が混在していて、しかもかゆみを伴う皮膚疾患の総称です。皮膚炎・湿 …

    詳細はこちら

  • 湿疹・皮膚炎群

     皮膚に接触した物質の刺激、あるいはアレルギーによって生じる皮膚炎です。刺激性接触皮膚炎は刺激物が許容濃度を超えて皮膚についた場合に起こる急性毒性皮膚炎と、弱い刺激の繰り返しで生じる慢性刺激性皮膚炎に …

    詳細はこちら

  • 湿疹・皮膚炎群

     乾燥肌による刺激に対する過敏さ(敏感肌)とアレルギー反応に関係するIgEをつくりやすい体質(アトピー素因)に、さまざまな環境要因がきっかけになってかゆみのある皮膚炎が生じ、軽快と悪化を繰り返す慢性の …

    詳細はこちら

  • 湿疹・皮膚炎群

     乾燥肌による敏感肌にアトピー素因が重なって発症する慢性の皮膚炎ですが、乳幼児は皮膚が薄く皮脂も少ないためとくに皮膚が敏感で、乳児期には食物アレルギーが関係することもあります。乳児では症状が2カ月以上 …

    詳細はこちら

  • 湿疹・皮膚炎群

     乾燥肌による敏感肌にアトピー素因が重なって発症する慢性の皮膚炎です。アトピー性皮膚炎は、昔は子どもの皮膚疾患で、成長して思春期くらいになると自然におさまると考えられていましたが、20年前くらいから、 …

    詳細はこちら

  • 湿疹・皮膚炎群

     10円硬貨くらいの大きさの湿疹がいくつも現れ、強いかゆみがあります(図3)。 皮膚の乾燥が原因になることが多く(皮脂減少性皮膚炎)、秋から冬にかけて空気の乾燥や暖房に伴って現れ、悪化します。 また、 …

    詳細はこちら

  • 湿疹・皮膚炎群

     体の一部に強い皮膚炎(原発巣)が生じたあと、しばらくしてからその発疹の周囲から全身に細かい丘疹(散布疹)が現れる疾患です。 接触皮膚炎や貨幣状皮膚炎など急性の皮膚炎が悪化すると、その病変部で活性化し …

    詳細はこちら

  • 湿疹・皮膚炎群

     頭や顔面などの皮脂の多い部位(脂漏部位)や、腋の下などの汗や摩擦の多い部位に皮膚炎が現れる病気で、新生児期から乳児期にみられるものと思春期以降、主に成人にみられるものに分けられます。 皮脂の多い部位 …

    詳細はこちら

  • 湿疹・皮膚炎群

     体の一部に限って丘疹(ぶつぶつ)が現れ、かくなどの刺激によって丘疹が次第にくっつき合って盛り上がった紅斑になり、慢性に続く皮膚炎です。 衣服や毛髪など何らかの刺激によってかゆみが生じ、繰り返し同じ部 …

    詳細はこちら

  • 湿疹・皮膚炎群

     手に接触する物質の刺激やアレルギーによって生じる手のひらや指の皮膚炎で、女性に多く、主婦に生じた場合には主婦湿疹とも呼ばれます。 日常生活で触れるさまざまなものの刺激によって生じる皮膚炎で、皮膚の表 …

    詳細はこちら


219件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

スマートフォン版Yahoo!ヘルスケア
病院情報のQRコードおでかけ先でも「病院情報」や「家庭の医学」で病気を調べることができます。
本文はここまでです このページの先頭へ