ここから本文です

現在位置:

代謝異常で起こる病気

病気を調べる

代謝異常で起こる病気

すべて

22
  • 糖代謝の異常(糖尿病)

     糖尿病はインスリン作用の不足に基づく慢性の高血糖状態を来す代謝疾患です。健常者では、空腹時の血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)は110mgdl以下であり、食事をして血糖値が上昇しても、膵臓のβ細胞から …

    詳細はこちら

  • 糖代謝の異常(糖尿病)

     長期にわたる高血糖の結果、糖尿病特有の細小血管の障害(糖尿病細小血管障害)と、特有ではありませんが、動脈硬化症と関連した大血管障害などの慢性合併症が発症します(表3)。

    詳細はこちら

  • 糖代謝の異常(糖尿病)

     糖尿病網膜症は糖尿病による眼の合併症のひとつで、放置すると失明に至る恐ろしい病気です。日本では糖尿病網膜症による視覚障害は年ごとに増え、中途失明の大きな原因になっています。ある程度進行すると、途中か …

    詳細はこちら

  • 糖代謝の異常(糖尿病)

     糖尿病白内障は糖尿病による眼の合併症のひとつで、眼のなかの凸レンズの役目をしている水晶体が混濁する病気です。白内障は年齢とともに進行する病気で、軽度のものはほとんどの高齢者に認められます。糖尿病があ …

    詳細はこちら

  • 糖代謝の異常(糖尿病)

     角膜(くろめ)は強膜(しろめ)とともに眼球の外壁を構成し、最初に眼球内に入る光の入り口として重要な組織です。糖尿病では角膜上皮びらんや、時には角膜潰瘍が発生することがあります。角膜内皮障害もまれに認 …

    詳細はこちら

  • 糖代謝の異常(糖尿病)

     腎臓が糖尿病による高血糖に長年さらされることにより、腎臓の濾過機能を担う糸球体が損なわれる病気です。腎症の病期は、主な臨床症状の有無により第1期から第5期に分類されています(表4)。 当初は、高血糖 …

    詳細はこちら

  • 糖代謝の異常(糖尿病)

     糖尿病によって血糖値が高い状態が続くと、足や手など末梢の比較的細い神経線維から始まる末梢神経の障害と、心臓、血圧や胃腸の動きを司る自律神経の障害が起こります。 末梢神経障害も自律神経障害も、高血糖に …

    詳細はこちら

  • 糖代謝の異常(糖尿病)

     糖尿病足病変には、足の指の間や爪の白癬菌症から、靴ずれや胼胝(たこ)、足の潰瘍・壊疽までが含まれます(図8、図9)。足病変が足壊疽まで進行すると治癒は難しく、足や下肢の切断が避けられない場合が少なく …

    詳細はこちら

  • 糖代謝の異常(糖尿病)

     動脈硬化症は、動脈の内壁に白血球や平滑筋細胞が集まり、そこにコレステロールなどの脂質が蓄積して壁が厚く硬くなって、内腔すなわち血液の通路が狭くなり血液が流れにくくなる病気です。 脳の血管では脳梗塞、 …

    詳細はこちら

  • 糖代謝の異常(糖尿病)

     感染症は、病原体すなわち細菌、ウイルスあるいはカビ(真菌)によって起こる病気の総称です。血糖コントロールが不良な糖尿病の患者さんは、免疫力が低下するので、さまざまな感染症にかかりやすく、非糖尿病者で …

    詳細はこちら


22件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

スマートフォン版Yahoo!ヘルスケア
病院情報のQRコードおでかけ先でも「病院情報」や「家庭の医学」で病気を調べることができます。
本文はここまでです このページの先頭へ