ここから本文です

現在位置:

陰茎の病気

病気を調べる

男性生殖器の病気

陰茎の病気

6
  •  ペニスをおおっている包皮の出口が狭く亀頭が露出しない状態を真性包茎、手を用いると完全に露出できても、包皮が過剰なため通常は亀頭が露出していない状態を仮性包茎といいます。 包皮と亀頭の一部が癒着して完 …

    詳細はこちら

  •  真性包茎で包皮が狭い状態である時に、無理に包皮をめくって循環障害を起こし、著しい浮腫(むくみ)を起こした状態です。 治療が遅れて浮腫が強まり、用手的整復が不可能な場合には手術が必要なので、すぐに泌尿 …

    詳細はこちら

  •  細菌などの感染により包皮および亀頭部が赤くはれ、排尿痛を訴えます。パンツにうみが付くこともあります。男児疾患のうち、最も多いもののひとつです。 包茎のある子供で、恥垢や包皮にたまった尿などが刺激にな …

    詳細はこちら

  •  生殖器、とくに陰茎にできる良性の腫瘍で、ウイルスによって広まる性行為感染症のひとつです。女性では、原因のウイルスと子宮頸がんとの関連が推定されています。 性行為によって広まるヒトパピローマウイルス( …

    詳細はこちら

  •  陰茎(ペニス)の皮膚から発生する扁平上皮がんと呼ばれる種類のがんです。比較的まれな腫瘍で、日本では近年減っていますが、不衛生な地域では発症が多くみられます。60~70代に多く発症します。 陰茎がんの …

    詳細はこちら

  •  30~50代に多く、陰茎海綿体を包む白膜という結合組織に瘢痕(硬いすじ状の組織)ができることより勃起時に陰茎が屈曲してしまう病気です。別名パイロニー病と呼ばれています。 原因はまだよくわかっていませ …

    詳細はこちら


6件中1~6件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ