ここから本文です

現在位置:

お年寄りの病気

すべて

132
  • 老年期と病気〈総論〉

     「老」という漢字は腰の曲がった人が杖をついている姿を表した象形文字で、年をとることによって起こる衰えを表現しています。したがって老年期とは一般に老いの始まる時期、あるいは老いがはっきりと現れる時期と …

    詳細はこちら

  • 老年期と病気〈総論〉

     老化とともに、体の生理的機能はどのように変化するのでしょうか。 まず運動機能については瞬発力が低下し、持続力も低下します。同時に平衡感覚も加齢とともに低下するために、体の安定性が損なわれて転倒しやす …

    詳細はこちら

  • 老年期と病気〈総論〉

     老化に伴う心の変化を知能、人格・心理的側面からみると、以下のようにまとめられます。(1)知能 かつては年をとると知能が衰えると考えられていました。しかし現在では、知能は20代以降も発達し続け、少なく …

    詳細はこちら

  • 老年期と病気〈総論〉

     老年期の人の多くは何らかの病気をもち、薬をのんだりしています。しかし、病気があっても日常生活に支障がなく、元気で暮らしている人がほとんどです。このような現状をふまえて、世界保健機関(WHO)は高齢者 …

    詳細はこちら

  • 老年期と病気〈総論〉

     老年期になると、基礎代謝(生命維持のために自動的に行われている活動[心臓を動かす等]に必要で、1日に消費するエネルギーの60~70%を占める。基準値は50~69歳の男性で1400kcal、女性で11 …

    詳細はこちら

  • 老年期と病気〈総論〉

     一般に老年期の病気の特徴は、表1のようにまとめられます。 まず第一にあげられることは、多臓器に及ぶ障害があることです。高齢者は加齢に伴い多くの臓器の機能が低下しているために、ひとりで数多くの病気をも …

    詳細はこちら

  • 老年期と病気〈総論〉

     日常生活を行うには、基本的日常生活活動度(Basic ADL)と独居機能を支えるより進んだ手段的日常生活活動度(Instrumental ADL)が必要です。生活機能障害とは、筋骨格系、心肺機能、認 …

    詳細はこちら

  • 老年期と病気〈総論〉

     歳をとると、年齢を10で割ったほどの数の病気をもつといわれ、それぞれの病気に対して薬が必要になります。しかし、お年寄りでは、薬の体内での処理能力が落ち、また飲み合わせが悪い薬の組み合わせが増えるなど …

    詳細はこちら

  • 老年期と病気〈総論〉

     「老年者は病気が治っても必ずリハビリテーションを」といわれているのは、老年期に生じた病気のあとは誰でも体の不自由さが残るからです。老年期のリハビリテーションは医療で行われるばかりでなく、介護保険でも …

    詳細はこちら

  • 老年期と病気〈総論〉

     高齢者の終末期とは、「病状が不可逆的かつ進行性で、その時代に可能な最善の治療により病状の好転や進行の阻止が期待できなくなり、近い将来の死が不可避となった状態」(日本老年医学会の「立場表明」より)です …

    詳細はこちら


132件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

スマートフォン版Yahoo!ヘルスケア
病院情報のQRコードおでかけ先でも「病院情報」や「家庭の医学」で病気を調べることができます。
本文はここまでです このページの先頭へ