ここから本文です

現在位置:

腎臓と尿路の病気

病気を調べる

腎臓と尿路の病気

すべて

51
  •  何らかの原因で膀胱内に異物が入ったものです。いたずらや自慰行為のため、体温計、ろうそく、鉛筆、針金、チューインガム、電線、ヘアピン、乾電池などが尿道から膀胱内に入り、それを出せなくなった状態です。  …

    詳細はこちら

  •  膀胱の内部は移行上皮細胞におおわれており、膀胱がんのほとんどはこの移行上皮から発生します。40歳以上の男性に多く、年間10万人中約10人の発生率です。 はっきりとした原因は不明ですが、喫煙する人では …

    詳細はこちら

  •  膀胱と腟との間に交通(瘻孔)ができたものです。 子宮摘出術など、産婦人科手術後のものが半数以上を占めます。そのほか、悪性腫瘍(とくに子宮頸がん)や骨盤内の悪性腫瘍に対する放射線治療などが原因になりま …

    詳細はこちら

  •  膀胱が尿で充満すると、それを感知して大脳に信号が送られ尿意を感じます。それから、がまんしたり排尿を行います。大脳から膀胱や骨盤内の筋肉に指令を出しますが、この膀胱から大脳に至る神経の一部の障害によっ …

    詳細はこちら

  •  過活動膀胱とは、頻尿や尿失禁の分野における新しい診断名です。主に自覚症状に基づいて診断されますが、尿意切迫感(排尿したくて我慢がきかない状態)を自覚する場合、過活動膀胱の状態にある可能性があります。 …

    詳細はこちら

  •  腹圧性尿失禁とは、急に腹圧が高くなった時に尿がもれてしまう状態をいいます。女性に多く、とくに中高年の女性に頻度の高い病気です。 膀胱や尿道の「しまり」が悪くなっている状態であり、尿道を閉じる機構(尿 …

    詳細はこちら

  •  尿道炎は主に男性尿道炎を意味し、その多くは性感染症に伴う場合がほとんどです。女性の場合は、膀胱炎から炎症が波及した場合に起こり、臨床的には女性尿道炎を単独で診断することはありません。 男性の尿道炎の …

    詳細はこちら

  •  尿道腫瘍はまれな疾患で、男女ともに尿路性器腫瘍のなかで最も発生頻度が低いものです。また、尿路系腫瘍のなかで唯一、男性よりも女性に多い疾患です。尿道の仕組みは男女で大きく違うため、分けて解説します。

    詳細はこちら

  •  陰茎腹側面の発育に欠陥があり、その近くに外尿道口が開いている状態を尿道下裂といいます。男児外陰・尿道の先天的な異常としては頻度が高く、欧米では男児出生300人に1人といわれています。日本ではやや少な …

    詳細はこちら

  •  外尿道口が陰茎の背側に開くもので、膀胱外反症の軽度のものとみなされています。その程度によって、近位型上裂と遠位型上裂とに分類されます。 近位型は男児では陰茎恥骨型、女児では完全型で、尿失禁を伴います …

    詳細はこちら


51件中41~50件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ