ここから本文です

現在位置:

腎臓と尿路の病気

病気を調べる

腎臓と尿路の病気

すべて

51
  •  慢性(数カ月~数年かけて)に進行する腎臓の病気によって、徐々に腎機能の低下が進行する病態(状態)です。 すべての腎臓病が原因になります(透析を導入された患者さんの原因となった病気は、多い順に、糖尿病 …

    詳細はこちら

  •  尿毒症とは、腎機能の低下により起こる臓器、組織、さらには細胞機能(はたらき)の障害と、体液異常により起こる症候群の総称です。いい換えれば、末期腎不全の状態を意味しています。 腎臓には老廃物を排泄する …

    詳細はこちら

  •  血液浄化療法は、透析療法ともいわれています。 透析とは、2つの濃度の異なる液体を、ごく小さな穴のあいた膜(半透膜)で仕切り、この穴を通ることのできる物質が濃度の高いほうから低いほうへ移動する拡散と、 …

    詳細はこちら

  •  腎性骨異栄養症とは、慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD)に関連して起こる骨障害の総称です。原因から(1)線維性骨炎、(2)無形成骨、(3)骨軟化症、(4)混合型の大きく …

    詳細はこちら

  •  透析アミロイドーシスとは、長期透析患者の骨や軟骨、滑膜などの骨関節組織にβ2‐ミクログロブリンを原料とするアミロイド線維が沈着することで生じる、骨・関節障害の総称です。 長期間にわたる透析患者や透析 …

    詳細はこちら

  •  基本的には、すべての末期腎不全患者さんが腎移植の適応となりますが、困難なケースもあります(表19)。腎移植の適応基準は、医療の進歩とともに変化することがあるので、現時点では腎移植が困難な場合でも、諦 …

    詳細はこちら

  •  尿の通り道である腎杯・腎盂・尿管・膀胱・尿道をまとめて尿路といいます(図11)。この尿路にできた結石が、尿路結石です。 腎盂・腎杯で形成された結石が尿管に下降し、尿の通過障害を来した場合、疝痛発作と …

    詳細はこちら

  •  結石は、多くは腎臓で形成されます。腎盂・腎杯内に結石がある場合は自覚症状に乏しいことが多く、検診で尿潜血を指摘され、精密検査で初めて発見されることもあります。 腎杯頸部はやや狭いため、結石が形成され …

    詳細はこちら

  •  膀胱結石は、前立腺肥大症などの下部尿路通過障害や神経因性膀胱、膀胱憩室、長期臥床、長期膀胱内カテーテル留置などの場合に生じやすくなります。性差は4対1で、男性に多くみられます。結石の成分は尿酸結石ま …

    詳細はこちら

  •  尿管が正常よりも拡張している病態をいいます。通常、腎杯・腎盂の拡張を示す水腎症も伴っています。尿路の通過障害を来す病態があれば、水腎・水尿管症が生じます。 尿路通過障害を起こす病気は以下のとおりです …

    詳細はこちら


51件中21~30件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ