ここから本文です

現在位置:

腎臓と尿路の病気

病気を調べる

腎臓と尿路の病気

すべて

51
  •  臥位(寝た姿勢)での腎臓の高さに比べ、立位で2椎体(約10cm)以上腎臓の位置が下垂する状態を指します。本症は内臓下垂の部分症状と考えられています(図4)。(1)先天的要因 腎臓は腎線維被膜に包まれ …

    詳細はこちら

  •  馬蹄鉄腎は腎臓の形態異常のひとつで、左右の腎臓の下側が腹部大動脈の前面でつながった病気です。 胎生期に骨盤部からの移動過程で、腎動脈は臍動脈と交差しますが、その際に臍動脈の位置異常があると分化の過程 …

    詳細はこちら

  •  多発性嚢胞腎(PKD)は、両側の腎臓に多発性の嚢胞(嚢胞液という液体が詰まっている袋)ができる先天性腎疾患で、多くは腎不全に至ります。常染色体劣性多発性嚢胞腎と、常染色体優性多発性嚢胞腎に分けられま …

    詳細はこちら

  •  片側あるいは両側の腎臓に1~数個の嚢胞(嚢胞液という液体が詰まっている袋)ができる病気です。通常は無症状でほとんど問題になりませんが、嚢胞による圧迫症状や高血圧、水腎症、血尿を来す時は、嚢胞液を穿刺 …

    詳細はこちら

  •  尿細管から腎盂、尿管、膀胱、尿道までのどこかで尿の流れが閉塞された状態を尿路閉塞症といいます。そのなかで、とくに腎盂よりも下部の尿路閉塞によって腎盂と腎杯の拡張が生じ、その結果血流障害が生じ、この状 …

    詳細はこちら

  •  腎尿細管上皮細胞から発生する、腎実質の上皮性悪性腫瘍を腎細胞がんといいます。好発年齢は50~60代、男女比は3対1で男性に多く、長期透析患者にみられる後天性嚢胞性腎疾患(aquired cystic …

    詳細はこちら

  •  特発性腎出血とは、腎臓から尿路への原因不明の出血です。肉眼的血尿(真っ赤な尿)が数時間~数日続きます。腎臓からの出血といっても、体内に血液がたまるわけではありません。20~30代の比較的若年者に多く …

    詳細はこちら

  •  左右どちらか、あるいは両側の腎動脈が狭くなっているために血圧が高くなる病気です(高血圧患者の0.5~1%にみられます。 腎臓は、尿量を変化させることにより、体の水分量を一定に保つはたらきがあり、たと …

    詳細はこちら

  •  糖尿病性腎症は、糖尿病性末梢神経障害および糖尿病網膜症とともに、糖尿病の3大合併症のひとつです。 本症が進行すると腎機能が悪化し(腎不全)、現在では透析療法を受ける患者さんの原因疾患の第1位を占めて …

    詳細はこちら

  •  急性腎不全とは、何らかの原因により腎機能が急激(数時間から数週間)に低下し、その結果、高クレアチニン血症(血清クレアチニンの高値)、高窒素血症(血中尿素窒素の高値)、体液中の水・電解質異常などが起こ …

    詳細はこちら


51件中11~20件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ