ここから本文です

現在位置:

食道・胃・腸の病気

病気を調べる

食道・胃・腸の病気

すべて

67
  •  先天性食道疾患はまれな病気であり、先天性食道閉鎖症、先天性食道狭窄症などがあげられます。なかでも食道閉鎖症は、食道の先天性疾患の代表的なものとして知られています。 食道が胃に連続することなく途中で閉 …

    詳細はこちら

  •  食道炎は、何らかの要因で食道粘膜が傷害され、炎症性の変化が生じた状態です。頻度的に最も多く臨床的にも問題となるのは逆流性食道炎です。 そのほか、内服した薬剤が食道内に停滞することで発症する薬剤性食道 …

    詳細はこちら

  •  胃食道逆流症とは、胃内容、すなわち酸やペプシンを含んだ胃酸や、時に胆汁酸や膵液を含んだ十二指腸内容が、胃から食道に逆流することによって発生する食道の炎症性疾患です。胸やけなどの症状が現れます。逆流性 …

    詳細はこちら

  •  肝硬変や慢性肝炎、あるいは門脈や肝静脈の狭窄・閉鎖によって門脈圧が上昇し、その結果、食道の粘膜下層の静脈が太くなって、さらには破裂するものです。その結果、吐血や下血が起こります。肝硬変の死亡原因の主 …

    詳細はこちら

  •  ヒトには胸部と腹部の間に横隔膜という隔壁があって、胸腔と腹腔を分けています。胸腔と腹腔に連続している大動脈、大静脈、食道は、それぞれ横隔膜にある裂孔を通っています。 食道が通る穴が食道裂孔で、この穴 …

    詳細はこちら

  •  食道は成人で長さ平均25cm、1周約5cmの弾力性をもつ管状臓器で、蠕動能があります。食道には生理的狭窄部位があり、食道入口部、気管分岐部、食道裂孔部がそれにあたります。しかし、通常は生理的狭窄部位 …

    詳細はこちら

  •  誤って異物を飲み込み、それが咽頭や食道に停滞、嵌頓(はまり込む)することによって起こります。 異物の種類としては、小児では硬貨やおもちゃ、円盤状電池など、大人では義歯や魚の骨、薬を包装(PTP)のま …

    詳細はこちら

  •  食道内や体外からの刃物などによる機械的損傷(食道壁に傷ができること)や、薬などによる化学的損傷、食道内圧の上昇などにより、食道壁の一部または全体に傷ができることをいいます。 大部分の食道は後縦隔(脊 …

    詳細はこちら

  •  1929年、マロリーとワイスという医師が飲酒後、嘔吐を繰り返すうちに吐血した患者さんを調べたところ、胃の噴門部に縦走する裂創からの出血であったことがわかり、これを報告しました。それ以来、飲酒後、繰り …

    詳細はこちら

  •  食道憩室は、食道壁の一部がポケット状(嚢胞状、テント状)に外側に突出した状態で、表面は粘膜におおわれているものです(図11)。 嚢胞壁に筋層がある先天性のものと、後天性のものがあります。 また、発生 …

    詳細はこちら


67件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

スマートフォン版Yahoo!ヘルスケア
病院情報のQRコードおでかけ先でも「病院情報」や「家庭の医学」で病気を調べることができます。
本文はここまでです このページの先頭へ