ここから本文です

現在位置:

鼻の病気

病気を調べる

鼻の病気

小分類で絞り込む

すべて

23
  • 鼻の病気の代表的な症状

     鼻閉とは鼻づまりのことで、すべてが病気によるものではありません。片側の鼻が数時間で左右交代に起こる鼻閉はネーザルサイクルといわれ、生理的現象です。病的な鼻閉は、両側の鼻閉といつも同じ側の鼻がつまって …

    詳細はこちら

  • 鼻の病気の代表的な症状

     鼻漏とは鼻みず、鼻汁のことで、鼻の粘膜にある分泌腺と杯細胞から出た分泌液と、鼻の血管からにじみ出た血漿成分の合わさったものです。腺からの分泌は、副交感神経という自律神経のはたらきで起こる脳を介した神 …

    詳細はこちら

  • 鼻の病気の代表的な症状

     鼻出血の原因には、鼻粘膜の血管に原因がある場合、鼻のなかに腫瘍がある場合、首から上の血圧に原因がある場合、血液に原因がある場合があります。鼻の血管には、首の外頸動脈からの枝と脳の内頸動脈からの枝があ …

    詳細はこちら

  • 鼻の病気の代表的な症状

     嗅覚障害の内容と原因はいろいろあります。嗅覚機能の低下(嗅覚脱失と嗅覚減退)が訴えの大半を占めますが、軽微な悪臭にも耐えられない嗅覚過敏(広義の化学物質過敏症)、本来よいはずのにおいを悪臭と感じる嗅 …

    詳細はこちら

  • 鼻の病気

     鼻中隔は左右の鼻腔を分ける壁で、軟骨と骨で形成されていて、これらの両面は鼻の粘膜でおおわれています。 この鼻中隔がゆがんで左右のどちらかに突出すると、凸側は鼻腔が狭くなり、凹側は広くなります。そのた …

    詳細はこちら

  • 鼻の病気

     顔面を構成する骨には前頭骨、上顎骨、鼻骨、頬骨、下顎骨などがあります。顔面の軟部組織のみが損傷を受けた場合は、顔面がとてもはれたり、裂傷を受けたりしますが、機能的な後遺症を受けることはまれです。しか …

    詳細はこちら

  • 鼻の病気

     鼻のなかにさまざまな異物が入った状態です。異物の種類としては豆類、おもちゃ類、ビーズ、パチンコ玉、ティッシュペーパー、ガーゼなどがあります。 ほとんどが小児で2~3歳に多く、遊んでいる間に自分で入れ …

    詳細はこちら

  • 鼻の病気

     鼻の穴の入口付近は鼻前庭と呼ばれる部位です。この部分は皮膚でおおわれ、汗腺、皮脂腺、鼻毛があります。これらの部位に細菌感染が生じ、うみがたまった状態です。 爪による傷や鼻毛の抜毛により毛嚢や皮脂腺に …

    詳細はこちら

  • 鼻の病気

     鼻腔の粘膜に、さまざまな原因で炎症が生じたものを鼻炎といいますが、そのなかで急激な経過をとるものを急性鼻炎といいます。 急性鼻炎の多くは、いわゆる鼻かぜと同じと考えてよいでしょう。大部分がかぜのウイ …

    詳細はこちら

  • 鼻の病気

     鼻の粘膜が慢性的に赤く、はれている状態です。副鼻腔炎を伴うものは含みません。血管収縮薬に反応して鼻づまりがとれれば、慢性単純性鼻炎です。血管収縮薬を噴霧しても鼻の粘膜のはれがとれない場合は、慢性肥厚 …

    詳細はこちら


23件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

スマートフォン版Yahoo!ヘルスケア
病院情報のQRコードおでかけ先でも「病院情報」や「家庭の医学」で病気を調べることができます。
本文はここまでです このページの先頭へ