ここから本文です

現在位置:

他に分類されない眼の異常

他に分類されない眼の異常

5
  • 他に分類されない眼の異常

     読書などのように眼を持続的に使うと、眼の疲労感、眼の重圧感だけでなく、全身にも疲労、頭痛、肩こり、吐き気などが起こることがありますが、これを一般的に眼精疲労といいます。 眼精疲労の原因は、実にさまざ …

    詳細はこちら

  • 他に分類されない眼の異常

     アトピー性皮膚炎は、皮膚がかゆくなり、赤くなる病気です。この病気に伴って、眼にも結膜炎、まぶたの皮膚炎、円錐角膜、ぶどう膜炎などが現れますが、ここでは主に白内障と網膜剥離について述べます。 白内障は …

    詳細はこちら

  • 他に分類されない眼の異常

     眼が飛び出しているように見える状態をいいます。原因として多くの病気があり、そのひとつの症状です。 近視が強い人は眼球の直径が大きくなるので、眼が飛び出したように見えることがありますが、これは眼球突出 …

    詳細はこちら

  • 他に分類されない眼の異常

     眼球がおさまっている骨で取り囲まれたスペースを眼窩といいますが、その部の脂肪組織を中心として強い炎症が起きた状態を眼窩蜂窩織炎といいます。 急性の細菌感染で、黄色ブドウ球菌が起炎菌として多いといわれ …

    詳細はこちら

  • 他に分類されない眼の異常

     眼球が骨に取り囲まれたスペースを眼窩といいますが、そこには眼球のはたらきを維持するためのいろいろな組織、たとえば涙をつくる器官、眼を動かす筋肉、視神経などが詰まっています。 このような眼窩に存在する …

    詳細はこちら


5件中1~5件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ