ここから本文です

現在位置:

眼の病気

すべて

102
  • まぶたと周辺の病気

     まぶたの脂腺や汗腺の急性化膿性炎症です。脂腺には、まつ毛のつけ根にある皮脂腺と、まぶたの深部にある脂腺(マイボーム腺)があります。 細菌感染です。原因菌は黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が多くを占めま …

    詳細はこちら

  • まぶたと周辺の病気

     マイボーム腺(まぶたの深部にある脂腺)が詰まって、なかに粥(かゆ)状のどろりとしたものがたまり、慢性的な炎症(肉芽腫性炎症)が起こって腫瘤ができる病気です。乳幼児から老人まで、あらゆる年齢層に発生し …

    詳細はこちら

  • まぶたと周辺の病気

     左右いずれかの上まぶた、または下まぶたに発疹と浮腫(むくみ)が生じ、痛みを伴う病気です。 水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症です。 このウイルスは、初感染の時は水痘(みずぼうそう)として発熱や全身の …

    詳細はこちら

  • まぶたと周辺の病気

     まぶたの炎症で、主にまつ毛の根元付近に起こるものを眼瞼縁炎、主にまぶたの皮膚に起こるものを眼瞼皮膚炎といいます。 眼瞼縁炎には、ブドウ球菌という細菌がまつ毛の毛根、脂腺や汗腺に感染して起きる化膿性の …

    詳細はこちら

  • まぶたと周辺の病気

     本来、外向きに生えて角膜(黒眼)には触れない睫毛(まつ毛、図5)が、内向きに生えて角膜に当たり、角膜に傷をつくります。 まつ毛が角膜方向を向く原因には、まぶた自体が内向きにまくれ込んでいる眼瞼内反と …

    詳細はこちら

  • まぶたと周辺の病気

     まぶたが上がりにくい(眼が十分開きにくい)状態です。 まぶたを上げるのは、眼瞼挙筋という筋肉です。その筋肉を動かすのは動眼神経という神経です。この筋肉または神経の異常で眼瞼下垂が起こります。 これら …

    詳細はこちら

  • まぶたと周辺の病気

     眼瞼けいれんは、眼瞼を閉じる筋肉(眼輪筋)が過剰に緊張して開きにくい状態です。まぶただけの異常の場合と、唇にも異常を伴う場合があります。 この病気とは別に、まぶたの一部が時々ぴくぴくと瞬間的にけいれ …

    詳細はこちら

  • まぶたと周辺の病気

     まぶたにできる腫瘤(しこり)で、硬さはさまざまです。皮膚にできると表面がただれることもあります。また、まぶたの裏の結膜側にできるものもあります。 腫瘍とは、もともと人体を構成していた無数の細胞のうち …

    詳細はこちら

  • まぶたと周辺の病気

     涙腺とは、眼球の上の耳側(外側)に位置し、涙液を産生分泌する臓器です(図11)。涙腺腫瘍は涙腺が腫大するため、上まぶたの外側(耳側)が腫脹します。 腫瘍についての基本的解説は、眼瞼腫瘍を参照してくだ …

    詳細はこちら

  • まぶたと周辺の病気

     鼻涙管閉塞では、泣いてもいないし眼の痛みもないのに、常に涙が出て止まりません(流涙)。涙嚢炎になれば涙に加えて、常に目やに(眼脂)も出ます(慢性涙嚢炎)。時には、まぶたから頬、鼻部にかけ、痛みを伴っ …

    詳細はこちら


102件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ