ここから本文です

現在位置:

子どもの病気

すべて

290
  • 新生児の病気

     赤ちゃんが狭い産道を通過する際に、周囲からの圧迫によって先頭で進む部分の皮下の軟部組織に浮腫(むくみ)や出血が起こり、こぶ状に隆起したものです。多くの赤ちゃんは頭を先にして生まれてきますので、その際 …

    詳細はこちら

  • 新生児の病気

     赤ちゃんが産道を通過する際に受ける圧迫によって頭蓋骨をおおっている骨膜の一部がはがれ、そこに血液がたまってこぶ状に隆起したものです。側頭部にできることが多いのですが、前頭部や後頭部にできることもあり …

    詳細はこちら

  • 新生児の病気

     頭蓋骨の内部に出血が起こったものです。出血が起こった場所により、硬膜外出血、くも膜下出血、硬膜下出血、脳室内出血、上衣下出血、脳実質内出血などに分けられます。ほとんどは出生直後から2~3日以内に起こ …

    詳細はこちら

  • 新生児の病気

     分娩時骨折のなかではいちばん多くみられ、経腟分娩のおよそ1~2%に生じるといわれています。多くは頭位分娩の際に、首が過剰に引き伸ばされるか、母親の恥骨結合に当たることで骨折すると考えられています。手 …

    詳細はこちら

  • 新生児の病気

     分娩時に腕の神経が損傷を受け、麻痺が生じたものです。 腕神経叢は頸髄下部から胸髄上部にかけての脊髄神経根で形成され、そこから腕神経が腕に向かって伸びています。分娩時に頸部が側方に過剰に引き伸ばされる …

    詳細はこちら

  • 新生児の病気

     胎便を肺に吸い込むことで気管支が閉塞され、呼吸障害を起こす病気です。 子宮内で胎児が仮死に陥ると、腸の蠕動運動が一時的に活発になり同時に肛門括約筋が緩みます。そのために胎便が排泄され、羊水が胎便で混 …

    詳細はこちら

  • 新生児の病気

     肺胞をふくらんだ状態に保つために、肺胞の細胞から表面活性物質(サーファクタント)が分泌されていますが、それが不足しているか、あるいはそのはたらきが阻害されたために、肺胞がしぼんでしまって呼吸困難を起 …

    詳細はこちら

  • 新生児の病気

     新生児で、生後1カ月を過ぎても酸素吸入を必要とするような呼吸困難症状があり、胸部X線検査で異常な陰影を示すものを「慢性肺疾患」と呼んでいます。原因などにより、いくつかのタイプに分類されています。その …

    詳細はこちら

  • 新生児の病気

     出生体重が2500g未満の赤ちゃんを低出生体重児と呼びます。そのなかで、1500g未満の赤ちゃんを極低出生体重児、1000g未満の赤ちゃんを超低出生体重児と呼びます。また、妊娠37週未満で生まれた赤 …

    詳細はこちら

  • 新生児の病気

     胎児は胎盤を介して母体から酸素や栄養をもらって大きくなりますが、その胎盤機能が低下したために胎児が低酸素・低栄養となり、いろいろな症状を起こすものです。 予定日を過ぎると胎盤機能が次第に衰えてくるの …

    詳細はこちら


290件中1~10件を表示しています。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ