このページの先頭です このページの本文へ

ここから本文です

熱中症ねっちゅうしょう

Heat emergencies

わからない言葉があったら、文字をなぞって検索できます。詳しくはこちらをご覧ください。

どんな障害か

 熱中症は、運動や暑熱から起こる体の障害の総称です。熱射病ねっしゃびょう日射病にっしゃびょうと呼ばれているものは、重症の熱中症のことです。

 医学的にいう熱射病は、視床下部ししょうかぶの体温を正常に保とうとする機能が低下して、汗がとまってしまい、体温が40℃を超えて、そのままでは死に至る極めて緊急性の高い状態を指します。このうち、太陽光がその一因となるものを日射病といいます。



原因は何か

 人間の体は、皮膚からの放熱や発汗によって体温を下げますが、外気が皮膚温以上の時や湿度が非常に高いと、放熱や発汗ができにくくなり、熱中症を引き起こします。

 基礎疾患のある高齢者や肥満、糖尿病の患者さん、アルコール依存症の患者さんは、熱射病に陥りやすいとされています。異常な熱波に見舞われた年に多くの高齢者に発生したという報告や、泥酔でいすいしてサウナで昏睡こんすいに陥った人、車内に閉じこめられた幼児の報告もありますが、通常は灼熱しゃくねつ環境下での運動や作業を無理に続けた時に発生します。

 一方、死に至ることもある最重症の熱射病には、素因(もともとの体質)が関係するとする考え方があります。

 その論拠は、スポーツ医学の発達で指導管理を徹底しても熱射病が発症すること、また熱射病は、麻酔により異常な高体温となる悪性高熱症と、その病態がよく似ていることにあります。悪性高熱症は、骨格筋の筋小胞体きんしょうほうたいにおけるカルシウム代謝の異常が原因で、家系的な素因のあることが証明されています。


症状の現れ方

 熱中症は、軽症の熱けいれん、中等症の熱疲労ねつひろう、重症の熱射病の3つに分類されます。

 症状は、頭痛や疲労感を主とすることから、俗に「暑気あたり」といわれる状態や、筋肉がこむら返りを起こす熱けいれん、脱水が主体で頭痛や吐き気をもよおす熱疲労、体温が40℃を超え、意識がなくなる最重症の熱射病までさまざまです。



治療の方法

(1)熱けいれん

 大量の発汗に対し、水分のみを補給した際に起こりやすく、相対的な塩分の不足が原因とされています。そのため、生理的食塩水や乳酸加リンゲル液の点滴静注を行います。

(2)熱疲労

 脱水症の一種ですが、体温調節機能が残されているため、発汗は持続し、体温もそれほど上昇していません。生理的食塩水や乳酸加リンゲル液の点滴静注と鎮痛薬の投与で効果がありますが、脱水の補正に時間がかかるため、入院のうえ治療を行います。

(3)熱射病

 視床下部の体温中枢や汗腺の機能が衰退して深部体温は40℃以上になり、緊急性の高い状態です。

 血液学的には消費性凝固障害(凝固因子が消費され、出血傾向が出現する)を認め、生存例でも高率に急性腎不全きゅうせいじんふぜんに陥ります。

 集中治療室に収容し、(1)身体冷却、(2)体液・電解質の補正、(3)抗けいれん薬、筋弛緩薬きんしかんやくの投与、(4)消費性凝固障害に対する治療、(5)その他の対症療法が集中的に行われます。


応急処置はどうするか

 基本は以下の3つです。

(1)休息

 体を冷却しやすいように衣服をゆるめ、安静にします。

(2)冷却

 涼しい場所で休ませます。風通しのよい日陰、クーラーの効いた部屋に移動します。

 また、氷嚢ひょうのう、氷塊などでわきの下、首のまわり、脚の付け根などを冷やし、血液循環を通じて体温を早く冷まします。

(3)水分補給

 意識がはっきりしていれば、水分補給(スポーツドリンク)を行います。意識障害や吐き気がある場合は、医療機関での輸液が必要で、救急車を呼んで至急医療施設へ搬送します。


執筆者(敬称略):吉岡 敏治

  • :画像ページに移動します。

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ