このページの先頭です このページの本文へ

ここから本文です

現在位置:

花粉症、鼻アレルギー

花粉症かふんしょうアレルギー

Hay fever, Allergic rhinitis

わからない言葉があったら、文字をなぞって検索できます。詳しくはこちらをご覧ください。

検査と診断

 問診でアレルゲンと症状との関連性を検証することが大切です。ダニの場合は通年性でかつ清掃時などに悪化し、スギ花粉の場合は年度によりますが、1月後半~2月ころから症状が出始めて初夏には軽快することが多いようです。

 血中・鼻水中の好酸球こうさんきゅう検査、皮膚テスト、誘発テスト、免疫グロブリンE(IgE)抗体検査などで確実性が増し、またアレルゲンが推定できます。



治療の方法

 通年性アレルギー性鼻炎であれば、局所ステロイド薬や抗ヒスタミン薬などの薬物療法がまずすすめられます。ダニと関係があれば除去目的で絨毯じゅうたんの除去や十分な清掃がすすめられます。ダニを主成分とする室内塵によるアレルゲン免疫療法(減感作療法)も有効です。

 一方、花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎の場合には抗原除去は不可能ですが、外出時にマスクや眼鏡を使用すること、季節中は抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー薬を定期的に内服すること、そして点鼻ステロイド療法が有効です。

 一部で、全身ステロイドの注射を行う医師がいますが、重い副作用が起こりうるため安易にすすめられるものではありません。

 スギ花粉については、標準化されたアレルゲンが発売されており、唯一の根本的治療法としてアレルゲン免疫療法(減感作療法)が注目されています。アレルギー専門医に相談するとよいでしょう。

 また、近年インペアードパフォーマンスの問題が欧米では社会問題化しています。インペアードパフォーマンスとは、抗ヒスタミン薬の服用によって、自分では気づかないまま集中力や判断力、作業効率が低下してしまう状態のことです。今後日本でも問題になるかもしれませんので、とくに運転をしなければならない人は、抗ヒスタミン薬を処方してもらう際には医師に必ず相談するようにしてください。


執筆者(敬称略):山口 剛史

  • :画像ページに移動します。

初診に適した診療科

出典:六訂版 家庭医学大全科

発行:株式会社法研

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

執筆者一覧を見る

キーワードで探す

本文はここまでです このページの先頭へ